致死量ドーリス (フィールコミックスGOLD)

著者 :
  • 祥伝社
3.67
  • (239)
  • (129)
  • (510)
  • (12)
  • (0)
本棚登録 : 1384
レビュー : 178
  • Amazon.co.jp ・マンガ (119ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396761776

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 現代アートのような、シンプルで繊細な線で描かれた人物・背景が格好良いです。
    日常と非現実を結ぶ、白昼夢の様な世界感に魅かれます。
    破滅的に生きる、蜜と岸の2人の関係に、何処か憧れてしまうのは、何故でしょう?

  • 狂気満載病みまくりですが、とても美しいです。

    しかし明るい気持ちを持続させていたい方にはお勧めできません。

  • 病んでると思っていたら病んでると思っていたい、っていう願望がそうさせていた。
    女の子はみんな脆くて弱くて、最強。

  • 悲しくて痛いです。
    缶詰に指をつっこんでチェリーを食べる絵が綺麗でなんか憧れました。

  • 枠を嵌めなければ存在が不安定になる少女、蜜。
    彼女は様々な姿に形を変える。現代に痛烈な批判を与える、楠本ならではの見せ方。

  • 痛い。

  • 美しくて、優雅な切ない芸術のような漫画。

  • 青春残酷物語。自分がなんなのか。過去の自分・未来の自分・いまの自分、どれもあてにならないことに苦しみもがくのは、若さゆえのうぬぼれ。一時期、ものすごーく影響をうけた1冊。

  • ああぼくのドーリス!

  • キレイだよね。見た目が。
    それだけで評価されると思う。
    センスにあふれてる。


    何回読み返しても良い漫画。というか作品。
    発売されてからこんなに時が経っても色褪せない。
    すごいことです。

    ドーリス!!

全178件中 91 - 100件を表示

楠本まきの作品

ツイートする