致死量ドーリス (フィールコミックスGOLD)

著者 :
  • 祥伝社
3.67
  • (239)
  • (129)
  • (510)
  • (12)
  • (0)
本棚登録 : 1384
レビュー : 178
  • Amazon.co.jp ・マンガ (119ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396761776

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ドーリス。その体の細さも肋骨の明確さも精神の不安定たる強固さも狂気に近い健常さも、すべてが美しい。とても美しい。美しいと思う。わたしはドーリスではない。ドーリスになりたいなどと思わない。わたしが、ドーリスになれるはずなどそもそもない。なぜならドーリスは別格なのだ。別格。「ドーリス」。なぜならそれはドーリスなのだから。ドーリスでしか、あり得ないから。
    楠本さんはなんという壮絶な作品を描かれたのか。

  • ドーリスに絡めとられた蜜。蜜に捕まったギタリストの岸クン。救いの無い恋愛?

  • 人にはすすめない。

  • 「岸君お前すぎる」といわれた。ご心配なく。

  • ドーリスにあこがれてリスカ。耽美にも程がある

  • 配色が素晴らしい。退廃的で耽美で映画のようです。さすが。

  • ドーリス、エキセントリック、ハラショー!

  •  レイアウト 配色が斬新。
     楠本まき独特の言い回しとか、耽美。
     あとなんかオシャレ

  • 最後の岸の台詞が切ない

  • 主人公の蜜がかわいい・・・。表装も素敵ですが中身も美しいです。

全178件中 41 - 50件を表示

楠本まきの作品

ツイートする