セックスのあと男の子の汗はハチミツのにおいがする (Feelコミックス)

  • 祥伝社
3.24
  • (13)
  • (21)
  • (93)
  • (10)
  • (2)
本棚登録 : 272
レビュー : 38
  • Amazon.co.jp ・マンガ (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396762629

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数

  • このタイトルを見たとき、女子目線の恋愛漫画なんだろうと思った。
    しかし、実際漫画を読んでみて、それが間違った認識であることに気付く。
    それは、高校生の女の子が、同居人であるOLが恋人と会い帰ってきた時に
    彼女に発した台詞に顕著に表れている。

    「異物のにおいがする」

    そう、この漫画では男子は徹底的に「異物」として描かれている。


    どの話においても、そのストーリーの中核を担うのは女子2人である。
    男子が登場しても、彼は2人の<世界>に入り込むことはできない。
    彼女達は、男子に対して極めて排他的な世界を形成している。


    身体の同一化を基調とする「近親相姦的」な関係性を築けるのは、女同士の組み合わせのみらしい。
    それは、男女でも男同士でも創り出すことはできない。
    おかざき真里はその女子の世界を、極めて繊細な絵画のタッチとともに、見事に描き出してる。
      

  • <b>「異物のにおいがする」<br></b>
    <br>
    《カテゴリー→女女、女子校、同期、親戚》<br>
    タイトルとは裏腹に、凄い百合短編小説。<br>
    どの短編を取っても女性たちの関係性が粘着質。<br>
    男性には優しくない百合ですかねえ…。<br>
    ストーリー系統に関わらず、おかざきさんの漫画はどんな作品でも<br>
    登場するオナゴ同士の触れ合いが一瞬一瞬色っぽくてドキっとします。<br>
    百合スキーは持っててよろしい作品ではないかと。

  • 『孵化する前のわたしたちは、とても壊れやすい。 ようこそ、少女たちの聖域へ―』<br>

    タイトルにちょっと躊躇させられたけど、買って正解でした。<br>
    「雨の降る国」がすごくツボ。<br>
    きわどいけど、すごく純粋。<br>
    <br>
    「たったひとつあればいいのに そしたら それ守って 生きてくのに」<br>
    わたしも、おんなじようなこと、思ってたな。まだ制服を着てた頃。<br>
    えーえんの、あい。かぁ・・・。

  • うーーん、苦手だ

  • 言葉が・・

  • いかにも女の子らしい柔らかい体つきの描き方が見事。画面構成もセンス良く、つくづく上手いなーと思う。大人に成ることを拒否するような少女の繊細な感性が痛いようです

  • 作業の気晴らしに読もうと思ったのに、途中で一度読むのをやめた。引き込まれる、作業になど戻れなくなる。

    短編集でしょう(つながりはあるのかもしれない)から、少しの休憩時に少しずつ読むのが私には合っているのかも。

  • もっとはしたなくて、「こんなに女の子のリアルを描いてます」って押しつけがましい話なのかなって思ってた。
    全然、先入観でした。繊細なお話でした。

  • ゆらゆらしてて良い。

  • 不思議な雰囲気で、切なくなる話が多い。
    現実に抵抗する自由主義・人間主義という話が多い。

    セックスのあと男の子の汗はハチミツのにおいがする
    いとこの少女は端的に言って男嫌いだった。

    草子のこと
    不思議な存在、草子ちゃんの話。

    おねえちゃん
    隣の家のお姉ちゃんは寝ぼけて私の部屋の前で倒れる。私は恐怖を感じる。35で独身で、さみしいひとだからだ。

    雨の降る国(全3話)
    加也の好きなものを集めた、雨の降る国。
    そこは常識・規範・ステロタイプに従って、通り過ぎていく現実に抵抗する、女の子の世界だった。

    アイスティー
    東京から来た小沢先生のうちで先生が失恋したことを聞いた気まずい中学生時代の思い出がそのレコードの曲には付随していた。

全38件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1967年長野生まれ。関西育ち。多摩美術大学卒業、博報堂制作局入社。デザイナー、CMプランナーの仕事に携わりながら漫画家デビュー。2000年、結婚を機に退社。現在3児の母。代表作に『渋谷区円山町』(集英社)、『サプリ』『&—アンド—』(ともに祥伝社)など。

セックスのあと男の子の汗はハチミツのにおいがする (Feelコミックス)のその他の作品

おかざき真里の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
おかざき 真里
おかざき 真里
おかざき 真里
岡崎 京子
魚喃 キリコ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする