脂肪と言う名の服を着て 完全版

著者 :
  • 祥伝社
3.30
  • (51)
  • (100)
  • (353)
  • (25)
  • (7)
本棚登録 : 1055
レビュー : 138
  • Amazon.co.jp ・マンガ (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396762797

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • こんな感じ

  • 昔読んで、古本屋で何となく思い出して購入。
    誰も救われない漫画。鬱系。
    しかし、とても考えさせられる漫画。

    ・食べる
    のこが「食べなきゃ!食べて強くなるの!」と言って暴食するシーン。
    もう、衝撃。胸をえぐられる思いがする。
    心を満たす為に胃を満たす。
    足りない隙間を埋める為に、食べて満たす。
    その恐ろしいサイクルが痛々しく描かれていて、切なくなる。

    ・細い=美しい?
    女にとって「綺麗、可愛い」は死活問題である。
    そして、「細い=美しい」という方程式が何故か出来上がっている。
    だから女はダイエットに励む。
    でも、本当に「細い」ことは「美しい」ことなの?と、ダイエットをする友人を見ると思う。そのままで可愛いのに、って。
    私は自他共に認める細身なので、私が言うと嫌味に聞こえるらしいがw

    ・のこがデブでいること
    この本の凄いところは、のこがデブでいることで、周りの人間が支えられていることを描いたところだと思う。
    誰かを見下すことでしか自分を保てない人々の心理や気持ちが描かれている。
    何となく心の隅が痛む。
    そして、のこがそれを受け入れて自分を卑下しているところも切ない。
    だからこそ、最後にダイエットして“強く”なった気がしているところが痛々しい。
    痩せているのはそんなに良いことなのかな?
    色々考えさせられる。

  • 怖い話だった。女性のプライド、食べることでストレスから逃げること(自分を守ろうとすること)、痩せさえすれば幸せになれる(現状をどうにかできる)と思い込むこと、否定され続けてきた男があえて醜い(太った)女(自分を否定しない女)を求めること。人間の心の奥にある、甘えや傲慢が、体型に現れることがあるなんて。こういう「真をついている」話はとても怖い。醜い隠しておきたい内面を抉り出されたような気がする。でもだからこそ、次の一歩に影響するような気もする。モヨコさん、おもしろいねぇ。

  • きれいって何?
    美人って何?
    愛されているって何??


    自分に自信がないときに見ると混乱する!

  • 絵が見てられない
    ストーリー意味わかんない
    1000円損したあ

  • 基本的に痩せ体型の作者がこの作品をかけるのはすごいなぁ。

  • 痩せなきゃ。

  • 特に感じない

    勧めない

  • 一度読んでなんかものすごく
    暗い気持ちになってしまって
    二度と読みたくない作品。

  • 結構まえの作品だから、構成荒かったり奇を衒い過ぎてたりして大味だけれども、すごいこと描いてる。そう思った。

全138件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

漫画家。「働きマン」「さくらん」「ハッピー・マニア」などの作品がある。「シュガシュガルーン」で第29回講談社漫画賞を受賞。現在『AERA』で「オチビサン」を連載中。

「2019年 『鎌倉オチビサンポ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

安野モヨコの作品

ツイートする