脂肪と言う名の服を着て 完全版

著者 :
  • 祥伝社
3.30
  • (51)
  • (100)
  • (353)
  • (25)
  • (7)
本棚登録 : 1055
レビュー : 138
  • Amazon.co.jp ・マンガ (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396762797

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 怖くて気持ち悪かったです。
    見たくない目を背けたい暗い部分をまざまざと見せ付けるようにごりごりに描いてる。
    人間の弱い部分や醜い部分に正面から向かってるわりにさらっと描いてるような作品だなと思いました。
    個人的には読後感は良くなかったけど、たまにはこういう作品もいいかも。

  • ただひたすら、タイトルすげーwって話だった。体型コンプレックスも女子の歪みも大して珍しくないしなー。

  • 怖い話。ダイエット中の人には、お勧めしません。鬱になります。

    ダイエット指南本とかやる気を高める方向の本ではなくて、心の闇を書いた漫画です。

    太っていて自分に自信がない主人公に、自分が少し重なって、憂鬱になります。

  • 『やせること、きれいになることへの執念と葛藤を丹念に描き『週刊女性』(主婦と生活社)連載時から世の女性に衝撃を与えた究極のダイエットコミック!!』
    これは・・・私にはよくわからんかった。
    岡崎京子を3倍に薄めたような感じ?
    もしかすると、安野氏のオリジナリティもあるのかもしれないけど、私には感じられなかった。
    絵柄にしても、展開にしてもそれなりに完成品の体裁はちゃんと整っているのでそれだけで作品としての価値はあるけど、
    こうした極限にある人間をモチーフに掲げて、救いのないような展開・結末の読後感の悪さを補って余りある言い知れぬパワーは感じられなかった。

  • ちょっと暗い。。

  • 安野モヨコさんの作品なので買って読んでみたものの、内容が重くてあまり読む気がしなくなってしまいました。
    ダイエットとかコンプレックスについて考えさせられる本です。

  • 女は危険な痩せ方にも憧れてしまうのです。

  • 安野さんの作品はお洒落で面白いから好きだけどこれはちょっと・・。
    過食嘔吐とか真似する子が出てきそうだから漫画では公にしないで欲しい。

  • いまいち好きになれなかった。単純に「私には合わなかった」ってだけだけど。
    好きになれなかったっていうよりは、理解できなかったっていうべきか…。
    人によってはすごく共感できる内容なんだろうな。

著者プロフィール

漫画家。「働きマン」「さくらん」「ハッピー・マニア」などの作品がある。「シュガシュガルーン」で第29回講談社漫画賞を受賞。現在『AERA』で「オチビサン」を連載中。

「2019年 『鎌倉オチビサンポ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

安野モヨコの作品

ツイートする