たましいのふたご 下 (Feelコミックス)

  • 祥伝社
3.81
  • (31)
  • (24)
  • (46)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :263
  • レビュー :10
  • Amazon.co.jp ・マンガ (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396764296

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 上巻の伏線を見事に繋げて完結させた三原ミツカズ先生の手腕が光る。
    下巻で全てが上手く収束していくのかと思わせながらそう簡単にはいかないと毒を含んだ人間模様が気を抜けなくて、最後まで楽しむ事ができました。

    授かった命は、過去のやり直しの為に産まれてくる訳じゃない。
    苦しくても儚くても切なくても自分達の未来の為に生まれてくるのだと思う。
    そういう繰り返しじゃないのかな。

  • 読み終わると重からなのか何とも言えない
    女装させられているのもきっと親の愛だったのだとおもう

  • ちょっとオチの方のトラウマ思い出しで実は親がガチのキチガイ野郎でしたみたいのはアメリカ風なのかもですが、余り要らなかった気がします。

  • ALEXとLITE。たましいのふたご。

  • ラストいまいちかなあ。

  • 星の数ほどの必然と
    たった一つの偶然が
    交差する瞬間
    僕達はきっとめぐり逢う

  • 本屋に行くたびにこの下巻が出てないかずっと探してた。オチの名前のくだりに膝を打った。アレックスもリーテもやるせないけど、いい話だった。

  • 痛いけど切ないお話。最後はハッピーエンド? 三原さんぽいなぁというかんじ。

  • そうか、そうゆうオチなのか。つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚ <br><br>アレックスとリーテが出会って終わりなんだと思っていたら、なるほど。<br>綺麗にまとまってよかったです。<br>が、ハルヒとテオの関係というか、経緯の早さに驚きです。

全10件中 1 - 10件を表示

たましいのふたご 下 (Feelコミックス)のその他の作品

三原ミツカズの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三原 ミツカズ
三原 ミツカズ
三原 ミツカズ
三原 ミツカズ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする