Love,Hate,Love. (Feelコミックス)

  • 祥伝社
4.18
  • (459)
  • (304)
  • (215)
  • (24)
  • (4)
本棚登録 : 3098
レビュー : 277
  • Amazon.co.jp ・マンガ (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396764708

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • もう!読みながら「うわぁああ〜」って言った!
    うまく伝えられないが、とにかくうわぁああ〜!だよ!

    『恋の話がしたい』もとっても素敵だったが、このひとは「誰かを好きになって、そのひとに好きになってもらうこと」の素晴らしさ、奇跡みたいなものをすごく繊細に描くなあ…何気ない一言や表情がいちいちツボを突いてきてたまらない。
    「…江宮さん 今日 傘が要るよ」ね!たまらん!

    縫原さんが貴和子に「あなたがバレエをとても好きで〜」て言うとこでもらい泣き。
    年の功かしら、これをさらっと言われたらそりゃあ落ちるよな。
    なのに「……いま こいつ暇なのかなって思ったでしょう」とか、「どっちの『あ』?」とか、あとやっぱり「ぼく」「あなた」は重要!

    悩んでる時の方が「いい感じ」に踊れるって素敵だよなあ。

    28歳まで処女で、52歳の男の欲情した表情を知れるって、本能的だしやらしくてイイ。

    つぅかもうね。どこ取っても大好き!
    すごく誠実で純粋で、美しい恋物語。

    「わたしのスキなものはね バレエと秋と 紺色とコハダと あなた」

  • 初老男性の、余裕と優雅。焦燥と可愛さ。
    絶妙だろ。

  • 帯の三浦しをんの言葉で高く期待してしまった。
    キレーでコンプレックスの多いおねーさんと枯れた大学教授の話。

    あなたと私のスキとキライの間を埋めていく、なんて楽しい作業、とか、
    恋の始まりってこんなのだったかな? わたしは知りません、初めてなので。でも踊ってるときのような気分がします だとか、

    尻がもぞもぞするこの感じ。
    何かを長く続けた人の持つ無自覚な哲学って憧れる。

  • バレエひとすじに生きてきた28歳処女/貴和子。隣りの部屋のベランダでタバコを吸っていた初老の大学教授/縫原と恋に落ちる。…んだけども、年も年のせいか、いろんなしがらみがあってお互い先に進めず。この辺のところがもどかしくて見てられません(笑)。
    特に52歳の縫原のほう!自分が年だからって、今まで彼女が付き合ってきた男たちと比べられる(主に裸!?)のが恥ずかしいとか、それでもって気後れするとか。ナニ言ってんだか。フツーの男は二回りも年下の女に好きとか言われたら舞い上がって過剰解釈して攻め込むんじゃないの?それに52歳はまだまだ大丈夫だYO!YOUやっちゃいなよっ!
    …す、すいません。あんまり52歳が虐げられた描き方をされてるもんで、つい。
    今まで打ち込んできたものを諦めるという心の葛藤は共感できます。貴和子が幸せになりますように!

  • 少女漫画です。ヤマシタ先生らしくない。それなのにこんなに繊細で綺麗でどきどきしてしまう。あんまり澄み切っているから恥ずかしくなる。でも好きだ。

  • 「あれはスキ、これはキライ。心はいつも忙しい。」
    冒頭部から心掴まれました。何この、リアルな女子の気持ち。
    後半の告白シーン?はまさにヒットです。自分がこんなキュンキュンする漫画、あんまりないのでビビりました。笑 
    「自分よりはスキでバレエよりはキライです」…って、私的に殺し文句 笑
    これ女の人のセリフなんですけどねw

  • フォロワーさんにお勧めいただいた一冊。歳の差恋愛モノですが、よかったです。じわじわとよくて、じれったさもジレンマも伝わってきて...現実的で、読んでいる私もどきどきしてしまいました。

  • きっとこれから何度も読む。
    二十代後半、全員頷く。

  • 縫原さんが素敵すぎる。
    喋り方も雰囲気も好み。あんなおじ様に会ってみたい。
    ベランダで話したり、手を繋いでるシーンが好き。
    年をとっても傷つくことが怖いと云うセリフにはドキッとさせられた。

  • 年上ダンディオジサマ好きにはたまらない恋のお話。
    余裕のある(?)大人だった、大学教授が、主人公に告白されてからはだんだん振り回され始める感じがいいです。
    最後に、お互いの好きな物を言い合うシーンがあるんですが、二人の話す好きな物が、ほんとに些細だけど「あ、わかる」って頷けるようなもので、凄くほっこりします☺

全277件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東京都出身。5月9日生まれ。B型。
2005年アフタヌーン四季賞夏のコンテストにて、四季賞を受賞。
代表作に『BUTTER!!!』『サタニック・スイート』『運命の女の子』(講談社アフタヌーンKC)、
『Love, Hate, Love.』『HER』『ひばりの朝』(祥伝社)、
『裸で外には出られない』(集英社)、『MOSOME STING』『ドントクライ、ガール』(リブレ出版)など。

「2016年 『花井沢町公民館便り(3)<完>』 で使われていた紹介文から引用しています。」

Love,Hate,Love. (Feelコミックス)のその他の作品

ヤマシタ・トモコの作品

Love,Hate,Love. (Feelコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする