うさぎドロップ 7 (Feelコミックス)

著者 :
  • 祥伝社
4.04
  • (141)
  • (187)
  • (97)
  • (10)
  • (2)
本棚登録 : 1617
感想 : 70
  • Amazon.co.jp ・マンガ (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396764852

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • りんがお母さんとご対面です。
    いくつになっても母親は母親なんだよねぇ。
    なんか、泣けました。
    大吉と二谷さんとの関係ににやりです。

  • 何だかすごく切なくなってきて泣きそう

  • 正子さんは、西川魯介の漫画に出てくるメガネっ娘のようだ。

  • コミック

  • りんがお母さんと会う。衝撃的!

  • 相変わらず良い。キャラクター達がきちんと年を取りながらいろんな問題に直面しつつ成長している。出てくる親たちはみんなシングルで、家族という制度が崩壊した後の新しい親子の形を描いている。陳腐な言い方だが、押し付けがましくなく心温まる漫画。続きが、そして結末が気になる。しかしコウキの母ちゃんはやっぱりいいなあ(笑)。

  • ダイキチのギックリ腰と実母との対面はダイキチとの絆を大事にしたいというりんの心の底を確認する出来事ですね。この2人の関係性が10年ワープさせてまで描きたかった本筋だと思います。

  • 【ストーリー★☆/キャラ★☆/心理★★/情景描写★☆/没入度★☆】
    三十路独男<<大吉>>が未婚のまま子育てすることになる奮闘記、第二部。

    大吉、コウキ、麗奈たちの母親と触れ合っていると、母親とはどういう存在なのか、自分の母親のことが気になりだしたりん。
    そしてついに戸籍を手にしようとして大吉に見つかってしまい……

    大吉がぎっくり腰になって凹んでたのは、なんだかかわいいねー(笑)
    老後とか、想像もつかないや……
    りんの母親の気持ち、その子にとって母親は誰でもない自分だけって、気づいたのが遅かったんだね。ちょっとせつない。

  • 何かすごく色んな事が
    スピード展開!

    正子さんは不器用だなぁ
    でも憎めない。。

    りんは大吉のことが好きなのかな。。

  • りんちゃんは年頃になって本当に綺麗になった!
    背高くてすらっとしてるし。
    こんな娘いたら大自慢だ。
    ギックリ腰になって大ショック受けてるダイキチがなんだか可笑しかった。
    りんが母親に会うくだりは、ダイキチと同じようにかなり複雑な気持ちでドキドキしました。
    このあとの流れが気になります。

全70件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1972年、三重県生まれ。名古屋市内の短大卒業後、広告制作の仕事を手がけた後、帰郷。1998年、ヤングアニマル(白泉社)掲載の「VOICE」で漫画家デビュー。『うさぎドロップ』(祥伝社)、『よっけ家族』『もぐもぐガーデン』(竹書房)、『パラパラデイズ』(小学館)、『ぽんこつ手芸部』『クレッシェンドで進め』(白泉社)など著作多数。

「2022年 『夕暮れのあなたは、少し首をかしげて 1』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宇仁田ゆみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×