夏雪ランデブー 1 (Feelコミックス)

著者 :
  • 祥伝社
3.92
  • (130)
  • (208)
  • (124)
  • (20)
  • (1)
本棚登録 : 1562
レビュー : 139
  • Amazon.co.jp ・マンガ (177ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396764876

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 六花、島尾、葉月。

    「置き去りってした方とされた方 どっちが苦しいと思う?」
    「誰にも渡さない」
    「肉体がないと涙も出ない」
    (島尾)


    「女房なめんなよ 生きてるだけで丸もうけ」
    「イヤだ イヤだ 行かないで おねがいそばにいて 
    ・・・ひとりにしないで」
    (六花)


    「はじまる前におわっちまうとは  こびりついたキモチ」
    「店長が次行けないのは確実にあんたのせいだ」

    切ない。
    島尾目線でも、葉月目線でも どっちでも切な過ぎる~。
    (毛布も掛けれない、島尾の立場ってツライな・・・)

    最後の葉月が作った想いが
    ぎっしり詰まったリースがとても素敵♪

  • 1巻だけとりあえず。
    (どうやら完結しているようなので、そのうち全巻読む)

    残した者の気持ちと、残された者の気持ち。
    残した者が視えるようになってしまった、残された者を恋慕する青年。

    設定はちょっとファンタジーなのに、
    感情はリアルで、誰の気持ちも解る部分があって切ない。

    花言葉もちょっと知ることができたりして、
    私にはその部分も少し嬉しい。

    4巻(最終巻)まで読了。(2013.4.5)

  • 三角関係といっても、ただの三角関係じゃないのが好きなところ。

    旦那の死を乗り越えている途中の店長が、生涯二番手でもいいなんて言ってくれる若い男の子の熱意に惹かれるのは仕方ない。
    でもそんな自分をうまく許せない、なんだか行き違った恋愛。
    かたや、相手が幽霊だと、簡単そうに聞こえるけど、
    倒そうにも倒せないというのも(肉体的にはもう倒れてるし)なかなかハードな恋愛。
    かたや、いろんなことを諦めて、命が尽きて、最愛のひとが暮らすのをすぐそばで見ながらなにもできないのも、辛い。
    店長視点はもちろん、葉月くん視点で見るのもよし、島尾視点もよし。
    結末が気になって、すぐ全巻読みたくなる。

  • 花屋でアルバイトとして働く葉月(22)は、8個年上の店長六花さんに心を寄せていました。ある日彼女の家を訪れると、彼女の亡くなったはずの旦那さんに出むかえられて…?
    男性2人(片方は幽霊!)と女性一人の切ない三角関係。六花さんの亡くなった旦那さん「島尾」は彼女のことが大好きで、成仏できずに傍で見守り続けています。でもその姿が見えるのは、奇しくも同じく六花さんに想いを寄せる葉月だけ。

    見た目は今時のダルそうな若者ですが、「生涯二番手でもいい」と言い切る程六花さん一筋の葉月。対して島尾は王子様みたいなイケメンなのに粘着質で、葉月と六花さんの仲を妨害しようとする。(葉月にしか見えないので、彼に向って変顔をするくらいしかできないのですが)けん制し合う2人のやりとりが面白いのですが、実際に彼女を前にした三人の時のエピソードがわ~っと胸にささる。

    風邪をひいて倒れた六花さんに、毛布一枚かけてあげられない島尾。
    看病しながらも、意識がおぼろな彼女から「ありがとう島尾くん」と元旦那に間違えられる葉月。
    葉月の想いを受け入れようとしながらも、島尾を忘れられない六花さん。
    誰も幸せになれない…。

    こういう何か強い思いにとらわれがんじがらめになって精神的に前に進めなくなってしまう人達のお話って読むのがしんどかったりするんですが、構図やモノローグがとても洗練されていて、切なく哀しく綺麗な作品になってます。主人公は葉月と思いきや、六花さんや島尾目線のモノローグも入ってきて、それが本当に相手を想う純粋な気持ちでいっぱいで、みんなが幸せになれればいいのにと願ってしまいます。

  • タイトル買い。
    あらすじでもなく、絵でもなく、とにかくこの「夏雪ランデブー」というタイトルの響きと字面の素晴らしさに惚れて購入した。

    花屋の店長さんとバイト君と店長さんの死んだ旦那さん(幽霊)の三角関係のお話です。

    店長さんがあっちになびけばこっちが切ない。
    こっちになびけばあっちが切ない。
    読んでて何回「あああ、もう~~~」と思ったかわからない。

    誰に感情移入していくかでこれから読み方変わるかもねー。
    続きも買うよ!

  • 『低温一途青年×さっぱり未亡人×草食系執着霊』のキャッチフレーズに惹かれて思わず衝動買い。…おもしろい…。主人公が一目惚れした女性の家には彼女の死んだ旦那の霊が憑いていて恋路の邪魔をされ始めるってゆう非現実的なお話なんだけど、あっという間に世界感に引き込まれてすいすい読めて、どんどん先が気になる。全体的に低めなテンションがまた素敵。2巻も買いです☆

  • 2018.9 全4巻+番外編

  • この作家さんの空気はなんか好きだな。

  • 無料アプリ。花屋でバイトをする葉月。葉月は店長を想い、店長は亡くなった夫が忘れられず、亡き夫は葉月の前に現れるという複雑な三角関係。絵柄は苦手なはずなのに何故か引き込まれてくストーリー展開。主な登場人物は3人。でも1回読んだだけでも3人それぞれの切なさや葛藤がぐっとわかる。扱ってる設定が設定なだけにわくわく感とかウキウキ感はないけど、大人の恋愛としてはすごく共感できる部分がある。あと島尾の邪魔の仕方がどうしようもなく面白い。触れたりできないからね、出来うる限りの事はするんだろうね。置き去りってした方とされた方どっちのが苦しいんだろう。ずっと愛する妻を近くで見ていて毛布掛けられなかったり、他の男といい感じになってるのを見てるのって辛いだろうな。六花が熱を出した時に、葉月に口頭で色々伝えて助けを求めることしか出来ないのも切ないなぁと思った。でも最後の展開は恐怖。ラップ音とか怖い。先の展開に不安を感じつつ次巻楽しみにしてるとこある。

  • ねぇ 六花ちゃん 僕ずっとしあわせだった
    大好きな女の子といっしょになれて
    人生のおしまいにふたりきりでいられて
    あの時 呼び止めてくれたから僕
    もうどこにも行かないって決めたんだ

    整えすぎて嘘くさい感じや
    奇抜さばかりが目立つものとは違って
    あなたの目指してる様子は
    散るも枯れるもその美しさを肯定してくれて
    私は心底ホッとした
    健やかなる時 病める時 喜び 悲しみ
    富み また貧しき時 女房なめんなよ
    生きてるだけで丸もうけ

全139件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東京都出身。2001年、「アックス」にて『ひねもすワルツ』でデビュー。2009年、一挙4冊を刊行したデビューコミックスフェアで注目を集める。2012年、『夏雪ランデブー』がテレビアニメ化された。主な著書に『関根くんの恋』『ケーキを買いに』『文房具ワルツ』など。現在、「Kiss」にて『涙雨とセレナーデ』、「フィールヤング」にて『リクエストをよろしく』、「増刊フラワーズ」にて『ホログラム忍者カラス』を連載中。

「2018年 『涙雨とセレナーデ(4)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

夏雪ランデブー 1 (Feelコミックス)のその他の作品

河内遙の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヤマシタ トモコ
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

夏雪ランデブー 1 (Feelコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする