午前3時の危険地帯 2 (Feelコミックス)

著者 : ねむようこ
  • 祥伝社 (2010年12月8日発売)
4.03
  • (69)
  • (80)
  • (50)
  • (3)
  • (2)
  • 本棚登録 :813
  • レビュー :29
  • Amazon.co.jp ・マンガ (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396765101

午前3時の危険地帯 2 (Feelコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 真野さんの泣いてるところで一緒に泣いた。
    寂しくて寂しくてもう相手に期待しなくなっちゃうんですよね。
    すれ違い。

    描くの上手いなあ〜〜

  • 1巻より面白かったです!
    色んな展開があって一気に読める。
    1巻より強引な展開がないというか、自然な感じで読み進められました。
    サクサク読める。
    でも軽い訳ではない。

    たまちゃんの
    「いつでも無意識で不戦敗希望」
    ってモノローグが印象的。
    自分なんて、、と思ってるとき、敵わない理由があると挑んで痛い思いをする前に辞める言い訳が出来てほっとする感じ。
    ちょっと分かる、と思いました。
    自己防衛ですよね。

    ミヤの出番が増えて、話にも広がりが出てきた感じがします。
    今後ミヤは活躍しないのか。アキホと上手くいってる感じもしないけど、どうなるのかな?

  • 地味子が主役ってのがいいよね
    2巻の方が面白かったね

  • 真野さん。。。
    お似合いのカップルだったのに悲しいな

    アキホは何か憎めないな
    恋敵に黒い感情が湧いてきちゃうのは
    よくわかるし
    そんな自分がイヤだって感情もすごくわかる

    みんなうまくいけばいいのになー

  • 無法地帯よりも、いろんなキャラに共感できる。
    たくましいももちゃんのシーンが好き。堂本さんの言い分も解るけど、たくましくならないとやってらんないよね。

  • 20121215#20121215

    あーたまこちゃん・・・
    自分をみてるみたいだわww

    とりあえず、ねむようこさん
    さいこー!!

  • 仕事は舐めたらあかん。
    そりゃあ、その通り。甘ったれるなってことか。

    それにしても、主人公は真面目。
    暗いといわれようが、真面目は真面目。
    それゆえに不器用なところもある。

    だからこそ、見てられないところがある・・・

  • 個人的には「午前3時の無法地帯」より好きかも。
    とにかく絵もキャラクターもお話も好き。
    同じような仕事をしているので「あるある〜」と
    共感しながら読めて楽しかった。

  • 黒ごまがたらこ
    白ごまが鮭

  • 午前3時シリーズ、ドラマ化しないかなー。

全29件中 1 - 10件を表示

午前3時の危険地帯 2 (Feelコミックス)のその他の作品

ねむようこの作品

午前3時の危険地帯 2 (Feelコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする