ミラーボール・フラッシング・マジック (Feelコミックス)

  • 祥伝社
3.90
  • (235)
  • (292)
  • (198)
  • (40)
  • (11)
本棚登録 : 2643
レビュー : 221
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784396765194

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いつかあなたの不思議なおっぱい、1番よかった。この男の執着、凄い。そして想い人の娘さん、可愛いな。挑発的なところも。「……あとであたしの部屋きなよ……ね」って興奮するわぼけ!!

  • 短編集 表題『ミラーボール・フラッシング・マジック』は謎のミラーボールを取り巻く恋人たちが読んでいて面白い。他の短編も魅力的、いろんな形の愛が見れる気がする

  •  表題作が面白い。ミラーボールを投げた女にも、それを見た人たちにも、みんなそれぞれに物語があった。
     どんな人にも物にも物語がある。

  • ミラーボールのもたらす奇蹟w
    いや、出てくるシチュエーションは興味深い。
    これも買わなきゃ。

  • ドントクライ、ガールでも思ったけど
    やりたいことは分かるが(笑)…って感じ。

    上からの言い方で申し訳ないが
    作品として販売している以上言わせて貰えるなら、
    もうちょっと精進してからチャレンジした方が良いと思うぞ!
    です。

    本当に、表現したい理想の形はとても分かるんだけど、
    それが出来ていない上に見え透いちゃってるのが、
    読んでいる方にとても恥ずかしい気持ちにさせる。

    全然練れてないと言うか…
    先達を越えるどころか並べてもいないのに、
    なのにそのレベルで世に出しちゃって いいの?って
    反対に聞きたくなる。
    背伸びし過ぎ?な感じ?
    もう少し今の実力にあった物描いた方が
    良いのでは…
    そういう意味ではBUTTER!!!が一番身の丈にあってる気がします。
    あの年齢の女の子の、都合のいいグモグモした感情とか言葉とか。
    そんでも、物語的に これからでしょ~?ってトコで
    終わってるのは
    それが彼女の限界なのかなぁ?
    なんか色々と勿体ないような、常に疑問点が付く不思議な作家さん…。


    …な~んて言いながらもヤマシタトモコ作品を
    読んじゃうのは
    実は好きなのか、先を楽しみにしているのか、
    未完成な形が面白いと思ってるのか…
    自分でも謎です(笑)
    嫌いでは無いんだろうなぁ…多分。

  • ときめきもファッキン!て気持ちもリアルに味わえた。
    ストレートな、レーザービームみたいな好きって気持ちを向けられてみたい。

  • どんなおばさんになるのか、考えて手を打たなくちゃいけない。焦ります。

    BONUS TRACKを読んで竹平くん良かったなぁと思いました。あと田原さんも。

  • ヤマシタトモコはここから。
    ギラギラの表紙と物語。

  • 一言で表せないもやもや感が描かれてる。後書きに各章のBGMが。

  • 恋を描いた短編集。
    表題作の『ミラーボール・フラッシング・マジック』の他、『うつくしい森』『don't TRUST over TEEN』『blue』『いつかあなたの不思議のおっぱい』『カレン』『エボニー・オリーブ』と描き下ろしが含まれています。
    『エボニー・オリーブ』と『ミラーボール・フラッシング・マジック②』がお気に入り。

全221件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

東京都出身。5月9日生まれ。B型。
2005年アフタヌーン四季賞夏のコンテストにて、四季賞を受賞。
代表作に『BUTTER!!!』『サタニック・スイート』『運命の女の子』(講談社アフタヌーンKC)、
『Love, Hate, Love.』『HER』『ひばりの朝』(祥伝社)、
『裸で外には出られない』(集英社)、『MOSOME STING』『ドントクライ、ガール』(リブレ出版)など。

「2016年 『花井沢町公民館便り(3)<完>』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ミラーボール・フラッシング・マジック (Feelコミックス)のその他の作品

ヤマシタ・トモコの作品

ツイートする