ミラーボール・フラッシング・マジック (Feelコミックス)

  • 祥伝社
3.90
  • (235)
  • (292)
  • (198)
  • (40)
  • (11)
本棚登録 : 2643
レビュー : 221
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784396765194

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 表題作のラストが最高!「幸せになりたい。。。」あなた以外は結構幸せ掴んでます、あなたの投げたミラーボールのおかげでwっていう。
    でも一つ疑問。引きちぎったミラーボールを外に投げてそんなに輝くかなぁ。。。というw
    でもみんな幸せならいいか!みたいなw

  • 売却済


    『エボニー・オリーブ』が好き。
    女子が集まったら普段話してるような話を書いてるんだけど、だからこそなんか新鮮な感じがする。

    もっと好きなのは後日談『MY WAY BACK』。
    年上の大人な余裕を醸し出す感じが好きなのであって、僕はきっと年下好きではないんだけれど、ときめくシチュエーションは年下の不意打ち的な行動だったりする(゜_゜>)

  • ヤマシタさんの作品2度目でした

    歳の差っていいよなぁ

    久しぶりにみる、描き方の上手い漫画家さん

  • ?から入っていくのに抜け出せない世界観。最後には爽快感みたいなものが残る良作。

  • ミラーボール、繋がってて面白かったです!
    この人の作品の心理描写大好き。
    『カレン』が切なくて、泣きそうに。

  • ミラーボールがポーンってなって、色んな人の恋愛がぐるぐる回り始める。ってここだけ読むと意味わかんないんだけど、まあそんな感じ。
     アラサー?アラフォー?女3人の女子会の話しも面白かった。

  • うーん。
    漫画をあまり読まないからか、よく分からなかった(>_<)
    ミラーボールの話がつながってるのは、お!と思ったけど内容自体はあまり理解出来ず…ふがいない。

  • ヤマシタトモコさんの短編集、どれもショートムービーか深夜の30分くらいのドラマになれば面白そう。
    カット割りとか構成とかすごい映像的。
    心に残ったのはBlueかな。卑屈な女の前に現れた、若々しい傲慢さと一瞬の美しさ。次の朝彼は去ってしまうけれど、確かに彼女の日常は変わったと思う。
    あと、おっぱいにとりつかれた男の話、Bonustrackでオチがついてます。そう来ましたか…さすがヘンタイぽくて好きです☆

  • 裏に書いてある、それぞれのタイトルが面白そうで、手にとってしまった。よく見ると、カバーも凝ってあって可愛い。
    本編を読んだ後に、オマケ漫画のそれからの話を読んで、やっぱりな、とほくそ笑んでしまった。
    そうそう。そうなんだよな。と共感してしまう自分は駄目人間なんだろうな・・・(笑)

  • 初版で購入、すぐ読んだけど再読してみた。
    短編なんで、女性なら共感する話が1つはアルかも。
    ちなみに私は何作品かアリました。

    あと、全然リアじゃないけど表題作①のサヤ(とんだパーティーガール)が嫌いになれない自分がいる、なんで嫌いになれないのか自分でも理由がわからない(笑)

全221件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

東京都出身。5月9日生まれ。B型。
2005年アフタヌーン四季賞夏のコンテストにて、四季賞を受賞。
代表作に『BUTTER!!!』『サタニック・スイート』『運命の女の子』(講談社アフタヌーンKC)、
『Love, Hate, Love.』『HER』『ひばりの朝』(祥伝社)、
『裸で外には出られない』(集英社)、『MOSOME STING』『ドントクライ、ガール』(リブレ出版)など。

「2016年 『花井沢町公民館便り(3)<完>』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ミラーボール・フラッシング・マジック (Feelコミックス)のその他の作品

ヤマシタ・トモコの作品

ツイートする