ミラーボール・フラッシング・マジック (Feelコミックス)

  • 祥伝社
3.90
  • (234)
  • (293)
  • (198)
  • (40)
  • (11)
本棚登録 : 2656
レビュー : 221
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784396765194

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  表題作が面白い。ミラーボールを投げた女にも、それを見た人たちにも、みんなそれぞれに物語があった。
     どんな人にも物にも物語がある。

  • 一番すきなのは一つ目の作品。
    脇毛がこんなにもエロチックにみえたのは初めて。

    ミラーボールはこの短さなのにどれも印象深い。
    特におばさんと中学生?の話がすき。
    ラストのおまけも含めて。
    どうやら若い子に振り回されるおじさんおばさんというシチュエーションが私のツボらしい。

  • どんなおばさんになるのか、考えて手を打たなくちゃいけない。焦ります。

    BONUS TRACKを読んで竹平くん良かったなぁと思いました。あと田原さんも。

  • ミラーボールをキーアイテムにした短編集。ショートムービーみたいな世界観がかっこいい。

    男子校に赴任してきた美術担任の女教師。化粧っ気なし、色気なし、太眉で常に長袖の彼女にがっかりしていたはずが、「ワキ毛」を想像したのをきっかけにめくるめく男子高生の妄想はノンストップ!
    …なかなかにコアなところを突かれました。

  • 恋を描いた短編集。
    表題作の『ミラーボール・フラッシング・マジック』の他、『うつくしい森』『don't TRUST over TEEN』『blue』『いつかあなたの不思議のおっぱい』『カレン』『エボニー・オリーブ』と描き下ろしが含まれています。
    『エボニー・オリーブ』と『ミラーボール・フラッシング・マジック②』がお気に入り。

  • 問題のデビュー作が掲載されていることからネットでの評判は良くないが言われているほど悪くはない。
    むしろ現在のヤマシタトモコ先生作品よりとても丁寧に描かれている気がする。コマ割りが細かくて黒ベタが多い?

  • 最後のグータンヌーボ的な短編が良かった。オリーブ美味しいよね。

  • ああ、ってなる

  • ヤマシタトモコの短編集。

    曰く付きのミラーボールが落ちることで世界のみんなが幸せになれたら。
    誰かの不幸が、別の誰かの幸福を呼ぶの?
    ハイ、自分の仕事の終わりは誰かの仕事の始まりです。
    バケツリレーみたいなもんです。
    みんな一所懸命生きましょう。
    隣人愛をもっていれば、きっとあなた自身がミラーボールになれるでしょう。

    「…あー もー自家受粉したーい……」

  • 切り取られ式断片的短編集。一瞬一瞬を描く零れ落ちてしまいそうな世界の中での話が凝縮されて、頬張るとぷちぷち口の中で音が鳴る刺激たっぷりの濃密な果物を連想する。
    話の一つ一つ出てくるキャラクターの物語をほんの少し覗かせてもらった感触。第三者が勝手に拝見してすみません!けれどあなた方のみっともない姿愛おしくてたまらないのです!妙な背徳感を覚えながらこの感情が決して胸を張れるものではないことも知っているので沈黙する。

  • レンタルで全1巻読了。

    ・ うつくしい森
    ・ ミラーボール・フラッシング・マジック
    ・ don't TRUST over TEEN
    ・ blue
    ・ いつかあなたの不思議のおっぱい
    ・ カレン
    ・ エボニー・オリーブ

  • 話は面白いんだけどなんかイマイチ。やはりヤマシタトモコの漫画は基本根暗。

  • ヤマシタトモコさんの短編集、どれもショートムービーか深夜の30分くらいのドラマになれば面白そう。
    カット割りとか構成とかすごい映像的。
    心に残ったのはBlueかな。卑屈な女の前に現れた、若々しい傲慢さと一瞬の美しさ。次の朝彼は去ってしまうけれど、確かに彼女の日常は変わったと思う。
    あと、おっぱいにとりつかれた男の話、Bonustrackでオチがついてます。そう来ましたか…さすがヘンタイぽくて好きです☆

  • 初版で購入、すぐ読んだけど再読してみた。
    短編なんで、女性なら共感する話が1つはアルかも。
    ちなみに私は何作品かアリました。

    あと、全然リアじゃないけど表題作①のサヤ(とんだパーティーガール)が嫌いになれない自分がいる、なんで嫌いになれないのか自分でも理由がわからない(笑)

  • 「エボニー・オリーブ」のガールズトーク、こんな事話してんのかあと思った。

  • 作者のヤマシタ トモコさんって
    やっぱりぶっとんでましたw
    男性目線ってこんななのでしょうか。
    読んだらテンションが上がりました(笑)
    マンガから伝わる勢いがすごく好きです!!!!
    ワロタ ワロタ!!

  • かっこいいキャラとカッコ悪いキャラのバランスが絶妙。
    また、キャラクターの掛け合いが洗練されているというか適度に力が抜けていてギャグタッチなのでも、エロイ雰囲気のでも読んでいて楽しい。

  • 奥さんぶっちゃけすぎ旦那さんの最後の台詞にときめく。リアル中学生は自然に指絡めたりするのだろうか。変態な森口くんかわいい。

  • 毎月読んでるFYで、初めて知ったヤマシタ作品が
    このコミックス収録のebony oliveでした。
    えぼにー、、、??
    黒い、という意味のようです。

    やっぱり女子会でのこういう会話って、
    黒くて男子にとってはこわいんですかね。
    私はあんまり女子会行かない(あ、誘われないの…?)のですが。
    でも、素直にぶっちゃけられる分性格いいと思います。
    私なら、手の内は明かしません。

    帯に男が読むべきって書いてあって、
    部屋においてあったのを彼氏が読んでましたが途中で食傷してました。
    ということで、あまり読まない方がいいのかも。
    「すごいおもしろいね!!」って目を輝かされてもビミョウです。

  • 空間の描写がごつごつ…というか、なんだか一面の画として収まっていないな、と思いました。

著者プロフィール

東京都出身。5月9日生まれ。B型。
2005年アフタヌーン四季賞夏のコンテストにて、四季賞を受賞。
代表作に『BUTTER!!!』『サタニック・スイート』『運命の女の子』(講談社アフタヌーンKC)、
『Love, Hate, Love.』『HER』『ひばりの朝』(祥伝社)、
『裸で外には出られない』(集英社)、『MOSOME STING』『ドントクライ、ガール』(リブレ出版)など。

「2016年 『花井沢町公民館便り(3)<完>』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ミラーボール・フラッシング・マジック (Feelコミックス)のその他の作品

ヤマシタ・トモコの作品

ツイートする