かことみらい (フィールコミックス) (Feelコミックス)

著者 : 今日マチ子
  • 祥伝社 (2011年8月8日発売)
3.63
  • (10)
  • (17)
  • (24)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :201
  • レビュー :14
  • Amazon.co.jp ・マンガ (116ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396765279

かことみらい (フィールコミックス) (Feelコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • グループフルーツで2060年から2010年に、2010年から2060年にタイムスリップ!

    とっても素敵なラスト。
    優しい気持ちになれた。

    未来と過去、私はどちらにもあんまり行きたくないかもしれない。
    でもよくパラレルワールドのことを考える。(というのも変だけど…)
    自分が選ばなかった道を歩いているもう一人の(なんてものではなく無限にいる)自分のこと。
    私はその無限にいる自分の中の一人で、他の自分(変な言葉だが)と人生のあらゆる選択肢を分担しているのかも…なんてことを。
    そんなことを心から信じているわけではないけれど、後からこうすれば良かったなと考えるよりも何故かしっくりくるから。

    自分の行動が最終的にどういう結果をもたらすかなんて分からない。
    そもそも最終的っていつのことかも分からない。
    2010年に戻ったカコが何かを変えたのか、もっと些細なことで2060年が変化したのかも分からない。
    カコの未来の2060年が変わったのは、パラレルワールドの2060年と入れ替わっただけなのかもしれない。

    何にも分からないんだから自分がその時にいいと思ったことをするしかないよな…という結論。
    グレープフルーツでタイムスリップ出来たって生きる時間は変わらないのなら、見えない未来を想像しながら現在を生きるしかないから。
    過去も未来も本当はなくて、あるのは現在の連続だけ…と歌っていたのは誰だったっけ。
    その通りだなと思うから。

  • ハッピーエンドでもないけど、ほんわかする。
    グレープフルーツで、タイムトラベル!

  • ずっと読みたかったまんが。とてもおもしろかった。豆らくだ、かってみたい!今日マチ子で初めて読んだ本。

  • 豆ラクダ欲しい…

  • かわいいし問題提起もあって悪くないんだけど、なんとなく「ふうん」で終わってしまった。

  • この絵はなんとなく好きだけど、ストーリーはあんまりのれなかった。

  • 今日マチ子的SF漫画。既視感のある内容だったので評価は低めですが、モチーフの使い方が上手だなあと改めて。

  • 今日マチ子の新境地となるタイムトラベル・ストーリー。さりげなく未来への問題提議なんかも含んでますが、気の利いたギャグタッチでさらっと爽快な読後感を味わえます。豆ラクダの豆子が超絶かわいい…。

  • 悪くはない・・・のだけど、みかこさんや千年画報が好きすぎるからから、イマイチな印象になってしまった。

  • 前半から未来に行くまでの描写がすごく好き。
    あとラストシーン、緑がばっと生えるシーンと、失恋でもしたような顔。
    タイムスリップものってだいたい最後片っぽが忘れてしまうオチが多いので、ミライが忘れてしまわないで覚えてるっていうのがけっこう良かったな、と思いました。

全14件中 1 - 10件を表示

かことみらい (フィールコミックス) (Feelコミックス)のその他の作品

かことみらい (FEEL COMICS) Kindle版 かことみらい (FEEL COMICS) 今日マチ子

今日マチ子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヤマシタ トモコ
今日 マチ子
今日マチ子
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

かことみらい (フィールコミックス) (Feelコミックス)はこんなマンガです

かことみらい (フィールコミックス) (Feelコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする