木暮荘物語 (FEELコミックス)

  • 祥伝社 (2011年11月8日発売)
3.70
  • (10)
  • (25)
  • (22)
  • (3)
  • (0)
  • 274人登録
  • 19レビュー
  • Amazon.co.jp ・マンガ (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396765347

木暮荘物語 (FEELコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 三浦しおん原作のマンガ。
    いろんな人が出てくる。屋根裏の散歩者のような人が、それなりに幸せそうで何より。みんな違ってみんな良い、を素で行きすぎるアクセル全開っぷり。良い。
    変人にも人権あるんだぜ。知ってた?みたいな。

  • 原作も気になる

  • 普通かな。三浦さん好きで読んでみたけど、絵がキレイすぎてあんまり好みじゃない…

  • 面白いです。
    三浦さんの作品の雰囲気の良さが、漫画になっても伝わってきます。

    内容は、とっても愉快な木暮荘の住人達を描いたもの。
    個々の話が少し現実離れしていて面白い。
    現在付き合っていて同棲中の彼氏がいる花屋店員の女性の元へ、急にフラリと姿をなくしてしまったマイペースな元彼が戻ってくるところから話は始まります。三角関係のような場面を密かに天井上から覗く二階の男性住人。同じく一階に住む妊娠出来ない身体をもち、その気持ちを複雑に抱え男性にだらしなくなってしまう。
    それぞれの日常が平行して進んでいく様は、特に何ってわけではないけれど、住人たちが色んな気持ちを抱えて毎日を生きている。

    なんだか読んだ後は、穏やかな日々を生きよう、と少しスッキリしました。

  • 登場人物の年齢層と絵柄がフィールっぽくて好き。原作と山崎さんの他作品「恋するサバンナ」も読みたい。三浦さんの書く素敵な変態さん…「26で付き合った男が三人てちょっと少な…」ってセリフで心がチクッと痛んだ(笑)

  • 木暮荘というアパートで男の帰りを待っていたOLの前に彼が帰ってきたときには付き合って半年の新しい恋人がいて、しかも何故か男と彼が仲良くなり...という三浦しをん原作の漫画らしい。かなり漫画的なお話なので原作の浮世ばなれっぷりがどんなものなのか少し気になる。
    他にも子供を産めないからだのちょっと男にだらしない若い女とそれを公認で覗く奇妙な関係の男など...なんかエキセントリックな住人がわんさか。

    絵は結構好みで雰囲気は面白いんだけど、三浦しおん遠い昔に読んだような読まなかったような...まほろ軒(映画のほう)でも思ったけど普通の人が出てこないファンタジックなお話が多いのかなと読まずに想像が膨らんでいく。そしてあんま読む気がしなくなる。

  • とてもよかった。絵のトーンがヤマシタトモコに似てるなあ。
    特に不妊症の女の子が、赤ちゃんを面倒みる話がとてもあったかくてスキ。三浦しをん、ちゃんと読もうかな。

  • ツタヤの立ち読み。本来私のモットーには反するが。小説の抜粋を漫画にしたもの。美男美女で素敵。こんな二人の男に愛されたいぜ。友達の赤ちゃんを預かる話も切なかった。つーか、赤ちゃん、かわいいよなー。またTを思う。小説もまた読みたくなった。

  • 花屋で働く繭、とその合成相手。元カレの写真家。
    隣の部屋に住む覗き魔
    その下に住んでる不妊症で男出入りの激しい女。
    花屋の客の謎の令嬢

  • 原作未読なので、原作も読んでみたい。

全19件中 1 - 10件を表示

木暮荘物語 (FEELコミックス)のその他の作品

木暮荘物語 (FEEL COMICS) Kindle版 木暮荘物語 (FEEL COMICS) 山崎童々

山崎童々の作品

木暮荘物語 (FEELコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする