めめんと森 (フィールコミックス) (Feelコミックス)

著者 :
  • 祥伝社
3.72
  • (21)
  • (28)
  • (29)
  • (8)
  • (0)
本棚登録 : 404
レビュー : 25
  • Amazon.co.jp ・マンガ (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396765934

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本日読了。

    美しい装丁。

    不在と喪失からの再生のお話。

    一巻読みきりなのに、
    脇役まで丁寧に描きこまれているキャラクター。
    (後半の葬儀の場面、祖父の死に立ち会う男の子と
    めめの表情やこころの動きまでも、
    繊細に描かれていて、すごーく感動。)

    それなりに働いて、それなりに誰かと一緒にいるのに、
    世界はいつも冷たくくすんでいて、
    ただ肉体的な痛みと擬似的な死だけが、
    生に実感をもたらしている、そんな日常を重ねるめめ。
    実は現実でも決して珍しい存在ではないだろう。
    そして、そんなメンタリティーを持つ者は、
    他人の別れに立会い、
    誰かの痛みを癒すことで、
    自らの存在の承認を図ろうとするものだろうか。

    とにかく絵もお話も大好き。

  • 森に消えた兄。
    映画『ピクニックアトハンギングロック』で消えた少女達のように戻ってこなかった者のことを残された者はずっと思い続ける。神隠しに遭うのかふらりと此岸に旅立ったのかは大事なことではなくそれは向こう側に行った者たちの物語だから。
    僕らは、めめも戻ってきた彼女たちもこちら側の彼岸にいて思う。残された者にできるのは想いをはすということぐらいと日々の中で少しずつ変わり続ける事柄になんとか対応して生きていくということだけだろう。

    ふみふみこ作品にあるセンチメンタルと交ざり合う性的なものとテンポよく、しかし重点はきちんと描く作風は生と死の狭間にある日常を浮かび上がらせている。
    と書いてみたけど面白かったといいたいだけ。一巻でコンパクトにまとまってるのも読了感としていい。

  • 首をしめられたときに生を感じ、好きなひとに殺されたい願望のあるめめがそこから脱する話 案外ふわっとしてたかな 「お兄ちゃん」が森に消えた理由がわたしにはいまいち分からなかったせいかもしれない

  • 終盤の見開きがいい。

  • アブノーマルと喪失感がまじった作品
    お兄ちゃんのことをもう少し掘り下げてくれるとさらに深みがでたかも
    全体的にもやもやした感じで進んでってでも多分それがこの本の良さなんだと思う

  • 葬儀社に勤めるドMの女とドSの上司。
    おくりびとたちの恋愛事情。

    真偽は知らないが、死を間近に感じると生殖行動は盛んになるとか。大災害後には出生数が増えたり、レイプ被害時に排卵してしまったり、喪服にエロスを感じるフェチも存在するらしい。

  • 「首をしめてください」

    葬儀場のバイトをしながら擬似的に死んだ兄との別れを繰り返す めめ。のちょっと奇妙な恋愛劇。

    ふみふみこ先生の作品に登場する女の子はみんな可愛くて自己中心的でちょっとメンタルが弱い。けどそこがいい。可愛い絵柄に騙されることなかれ。

    うまくまとまってはいるんだけど、もう少し続きが読みたかった..ドラマとかになったら面白そうなんだけどな...他の作品が実写化されているだけに残念。

  • 購入してからしばらく経ってようやく読んでみた。
    なんてすばらしい漫画なんだ〜!
    なんでしばらく読まなかったんだ〜!
    主人公にも相手の方にも共感できるかんじ。良い漫画だった。

  • 帯が秀逸、中身より。黒川は好きですよ。

  • 葬儀社の仕事の中に死の意味を考えるとか、主人公のめめの生きている実感がわかないことに共感するとか、そんな感想がいいなとは思うんですが。
    一番良かったのはドSな黒川に首を締められながら、めめが恍惚な表情でキスされるという変態エロちっくなところでした。なんか、すみません…。
    そんなふたりが幸せになって良かったです。

全25件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1982年8月18日生まれ。しし座O型。2006年、4コママンガ『ふんだりけったり』で第11回「Kiss」ショートマンガ大賞・佳作を受賞してデビュー。「COMICリュウ」2011年3月号掲載『女の穴』でストーリーマンガデビュー。2011年9月に刊行された処女コミックス『女の穴』(徳間書店)は各方面で大反響を呼び、2014年に実写映画化された。「COMICリュウ」2012年5月号より『ぼくらのへんたい』連載開始。現在も好評連載中。他のコミックスに実写映画原作でもある『恋につきもの』(徳間書店)『さきくさの咲く頃』(太田出版)『そらいろのカニ』(幻冬舎コミックス)『めめんと森』(祥伝社)『さくらの園』(秋田書店)『人工精霊タルパちゃん』『ふんだりけったり』(共に講談社)『神主さんと僕の彼女』(集英社)がある。

「2016年 『ぼくらのへんたい ⑩』 で使われていた紹介文から引用しています。」

めめんと森 (フィールコミックス) (Feelコミックス)のその他の作品

めめんと森 (FEEL COMICS) Kindle版 めめんと森 (FEEL COMICS) ふみふみこ

ふみふみこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヤマシタ トモコ
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

めめんと森 (フィールコミックス) (Feelコミックス)に関連するまとめ

ツイートする