右足と左足のあいだ (Feelコミックス)

  • 157人登録
  • 3.86評価
    • (8)
    • (15)
    • (13)
    • (0)
    • (0)
  • 15レビュー
著者 : 雁須磨子
  • 祥伝社 (2014年6月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396766092

作品紹介

セックスできなくなった新婚カップルの半年間、“褒められっ子”のホントは嫌いな言葉、地味女(35)と失礼オヤジ(40)の恋の始まり、失踪中の長女が置き去りにした夫とその家族など、おんなのホンネを自然体かつにぎやかに描いた8編を収録。後日談ショート描き下ろし。

誰よりも女子の“ホンネ”を描けるまんが家・雁須磨子の最新入門短編集。

右足と左足のあいだ (Feelコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 雁須磨子さんは大好きなのだけれど、男女のリアルな関係よりも、何だかフワフワして頼りなくて、わりとどーでもいいことであくせくしている話の方が個人的に合うらしい。
    なので、表題作よりも、後半の女子たちの話が楽しめた。ネイルサロンの店長さんと、お客さんの恋のショートショートもかわいらしくてステキ。

  • 雁須磨子の短編はすごく面白い。
    長編ものより短編集の方が好きだなぁ。

  • さいごにはいってる、空空寂寂がすきだな。
    書き下ろし含めて3作ともすき。

  • ふわっと読めた。雁先生が描く女の子はいつもかわいい。

  • 全体的に好きだが、ホイホイの話がすごい、衝撃だった。
    そうくるのか…!!

    色んな人を好きになれそう^^

  • 私は好きなんですね、きっと。
    この作家さんが。

  • ネイリストとお客さんの男性の話が特に好き。
    女の子同士の友情の話、仲良くなった女の子の人となりの話もすごくよかった。

  • 良い短編ばかりで大満足。
    雁さんは長編よりも短編の方がぐっとくる。表題作は少し涙してしまったし、「空空寂寂」はみんなの幸せを祈らずにはいられない。
    それにしてもみんなかわいい。かわいくて愛おしい。
    特に女子達は最高にかわいいなあ~!
    「おそるるにたり」の声のデカい後輩ちゃんも最高かわいい。

  • 雁先生の新刊。もちろんかいました。
    相変わらずタイトルが秀逸..文学的よね

  • なんか…前にも雁先生のマンガ読んで思ったけど合わないな。
    刺さるんだけど響かない。

全15件中 1 - 10件を表示

右足と左足のあいだ (Feelコミックス)のその他の作品

雁須磨子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヤマシタ トモコ
中村 明日美子
ヤマシタ トモコ
羽海野 チカ
ヤマシタ トモコ
有効な右矢印 無効な右矢印

右足と左足のあいだ (Feelコミックス)はこんなマンガです

右足と左足のあいだ (Feelコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする