雑草たちよ 大志を抱け (フィールコミックスFCswing)

著者 :
  • 祥伝社
4.16
  • (22)
  • (28)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 320
レビュー : 27
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396766986

作品紹介・あらすじ

いつか、この日々を忘れたとしても、魔法の言葉が私を生かし続ける。

「プリンセスメゾン」の著者が描く、地方都市に生きる女子高生達の切なくも可愛い青春群像劇。

太眉に悩む寝ぼすけな女子高生・がんちゃんは、幼馴染みの高遠(たかとお)君に密やかな恋をしている。
しかし、彼からほかの女子への恋心を仄めかされて……。

「素直になったら恥かくだけや
私は鋼鉄のバリアで自分の心を守るんや」

地味で平凡な女子達にとって、人生はかくも厳しきもの。
けれど時に、友人の言葉が生涯を照らす魔法に変わることもある。

苦味も優しさも抱き込んだ目映い青春を描く傑作連作集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『プリンセスメゾン』池辺葵さんの短編連作。
    決して「特別」ではないように見える女子高校生たちの、
    やはり「特別」としか言えないような、青春の日々。
    みんな、いろんな事情や想いを抱えながら、
    その人だけのそのときだけを一所懸命生きていて、
    そこにはやはり、その人だけの輝きがある。
    各エピソードの主人公たちは別々だけれど、
    その日々は確実に誰かとつながっていて、
    ふとしたことに励まされ、少し傷ついたりもする…。
    ちょっとしたことばがとても胸を揺さぶる、
    優しくて温かくて、少し切ない作品です。

  • ひーちゃん好きやわ。
    部活がほほえましい。
    所々泣いてまう。

  • 表紙の絵がすばらしい。校内カースト上位にいるであろう者をあっさりモブにする見事なお手前。現代版「櫻の園」共学版「笑う大天使」 。つまり、いま読むべき。

  • すごくいい……池辺先生の台詞って考え抜かれて洗練されててそれでいて暖かさがあふれてるから好き……。

  • めっちゃいい。可愛い話。

  • べそべそ泣いた。湿っぽく描かずに、あくまで軽やかなのがイイ。

  • 思春期になると女の格差を思い知る。
    誰でも華やかな花を咲かせるわけではないのだと。
    彼女達は地味なペンペン草かもしれないが、それなりに愛嬌があるし、夢中になれる趣味もあるし、ほのかな恋も経験する。
    楽しいと思うことを楽しめば良いのだ。
    その人生に優劣はない。

  • 燃えるような青春ではないけれど、たしかにこれも青春の一つだな、と。良い漫画でした。

  • 文句なし。青春のことばたち。

  • なかなか感動的な漫画だと思いましたよ…好みかどうかはともかくとして…(!)

    ヽ(・ω・)/ズコー

    まあ、プリンセスメゾンを描いている人なので、こういうのもお得意だろうな! みたいな期待を体現した漫画とでも言えましょうか…相変わらず、女性の心情を描くのがうまい…というか、ほとんど女性しか出てこないのはプリンセスメゾンと一緒ですね。

    ヽ(・ω・)/ズコー

    まあ、そんなわけで、たまたまTSUTAYAで借りたものですけれども、イイ拾い物をしたな! みたいな読後感を味わえる作品でした…さようなら。

    ヽ(・ω・)/ズコー

全27件中 1 - 10件を表示

雑草たちよ 大志を抱け (フィールコミックスFCswing)のその他の作品

池辺葵の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

雑草たちよ 大志を抱け (フィールコミックスFCswing)を本棚に登録しているひと

ツイートする