かしましめし 1 (Feelコミックス)

  • 祥伝社
4.00
  • (6)
  • (10)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 93
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396767112

作品紹介・あらすじ

28歳、独身、職なし。
わたしを救う、ごはんがある。

男女3人、にぎやかおウチごはん。
「サプリ」「&」のおかざき真里最新作!

==

「私たちは何度も生き返る。
小さく小さく、くりかえし生まれ変わる」
 
心が折れて仕事を辞めた千春。
バリキャリだが男でつまづくナカムラ。
恋人との関係がうまくいかないゲイの英治。
 
同級生の自死をきっかけに再会をした、美大の同級生3人。
 
つらくて心が死にそうになっても、みんなで集い、ごはんを食べれば生き返ることができる。
それはとても温かで、幸福な時間ーー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • さわがしくて、楽しそうで、幸せそうな食事風景なのに
    ふと寂しさを感じてしまうのは、
    彼・彼女の内情に共感できるものを自分が持ちはじめているからだろうか。

  • ここ数年のグルメ漫画ブーム。
    さすがにここ最近は玉石混淆な感もあり、いささか食傷気味ではあったところに登場したこの作品は、おかざき真里という人気実力実績のある作者による有無を言わせない圧倒的な画力によって、他のグルメ漫画とは明らかに違う「力のある」作品となっていた。

    物語としては友人の自死をきっかけに再会した美大の同級生男女3人がワイワイと宅飲みをするというのが大枠としてあるのだが、その食事を通して誰しもが持つそれぞれの悩みや迷い寂しさが、解決はしなくとも身軽になって、また翌日からの生きる力を得ていく。

    まさしく食べる事は生きる事そのものである事を改めて感じさせられると共に、気の置けない誰かと食べるという行為が大切なのだと感じた

  • バターチキンカレーめちゃおいしい。
    ギョウザもキャベツもまねしました。

  • おかざきさんの本は、本当に、人生のいろんなとこで節々を思い出すなあ、と確信する。

  • 想像よりもとても良かったー。
    出てくる料理も美味しいそうだし、みんな心に傷を抱えてる感じが共感できて良かった

  • 2017/0914
    心が折れて仕事を辞めた千春
    バリキャリだが男でつまずくナカムラ
    恋人との関係がうまくいかないゲイの英治。
    中略
    つらくて心が死にそうになっても、みんなで集い
    ごはんを食べれば生き返ることができる。
    裏表紙より

    はーーー!!
    胸がギューっとなって喉の奥がグっと痛くなる。
    美味しそうなご飯やレシピを紹介&食レポする漫画じゃない。
    上手く書けないけどおかざきさんが書く心が疲れてプツっと折れてしまった人って生々しいのよなー。
    サプリの時もそうだったし今回の千春もそう。

    何より絵が丁寧で綺麗。出てくるキャラ達も最高に素敵
    私の周りにもこういう人いたらなぁ!と思う。
    混ざって宅飲みしたいわ。次巻が楽しみです。

全7件中 1 - 7件を表示

プロフィール

1967年長野生まれ。関西育ち。多摩美術大学卒業、博報堂制作局入社。デザイナー、CMプランナーの仕事に携わりながら漫画家デビュー。2000年、結婚を機に退社。現在3児の母。代表作に『渋谷区円山町』(集英社)、『サプリ』『&—アンド—』(ともに祥伝社)など。

かしましめし 1 (Feelコミックス)のその他の作品

かしましめし(1) (FEEL COMICS) Kindle版 かしましめし(1) (FEEL COMICS) おかざき真里

おかざき真里の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする