バレエ・リュス ニジンスキーとディアギレフ (フィールコミックス)

著者 :
制作 : 芳賀直子 
  • 祥伝社
4.00
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396767150

作品紹介・あらすじ

衣装・シャネル、美術・ピカソ、脚本・コクトー、音楽・ストラヴィンスキー――それはまさに、奇跡のバレエ団。
「天才を見つける天才」ディアギレフと「バレエに革命を起こした」ニジンスキーの物語。

学術協力:芳賀直子

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 三年前、「魅惑のコスチューム:バレエ・リュス展」で、
    第一話の小冊子を貰いました。それがきっかけ。
    “自由”を求めるニジンスキー。
    “自由”を与えたいディアギレフ。
    彼らの“自由”がすれ違い、別離が訪れる。
    男性である二人の心情の流れと、
    女性であるココ・シャネルとミシアの眼差しを通して、
    バレエ・リュスの始まりから最盛期までを描く。
    実に丁寧にバレエ・リュスについて調べています。
    同じ題材の山岸涼子の「牧神の午後」と
    比較読みするのも良いでしょう。

  • 天才の宿命なのかな。

    猛烈に人を惹きつける人って、ざっくり陰と陽の2パターンがあると思うけど、ある種の陰のパターンの究極形だと思う(ちなみにバレエダンサーの陽の典型は、ニーナ・アナニアシヴィリだと思う)。

    一気に読んで、ちょっと泣けた...

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

10代でデビューして以来、コミック誌やファッション誌、WEBなど多方面で活躍中。
女性の心情をリアルに描写した漫画やイラストを多く手掛けるほか、その優雅なライフスタイルも注目を集める。91~93年「メイキン・ハッピィ」で人気が不動に。




「2013年 『ジャスト・ラヴァーズ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

バレエ・リュス ニジンスキーとディアギレフ (フィールコミックス)のその他の作品

桜沢エリカの作品

ツイートする