違国日記 4 (フィールコミックス FCswing)

  • 祥伝社
4.44
  • (65)
  • (34)
  • (13)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 584
レビュー : 39
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396767648

作品紹介・あらすじ

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 槙生ちゃんのムラムラする、が良かったなァ。
    母親が自分の知らない顔をしてるときの恐怖…ってのとつながる。
    違う人間なのだ、ということと
    朝のお母さんが見えない、ということ。

    深い、、、。深いよ。
    小説を読んでいるような。
    すごいマンガに出会ってしまったよ。

  • 槙生が、朝や笠町くんとの関係性を少し変えていく4巻。

    槙生が自分のことを「…わたしは 頭の中がいつも忙しくて ものがすぐ見えなくなって 嘘が極端に苦手で …ひとりでいるのが心地好くて そういうふうになぜか生まれた」と言う場面。槙生自身、マイノリティな部分を欠点だと感じながらも「それは選ぶことも咎めることもできない」と言ってくれるところに、私は救いを感じた。同じように、恋愛や結婚に戸惑いを感じているえみりに対して「あなたが誰を好きになってもならなくても、それは罪ではない」と語りかける場面も印象的。

    良き友人から再び距離を縮めた槙生と笠町がこれからどう進展していくのか、内面にまだ実里の面影が残る朝が高校生活のなかでどう変わっていくのか、今から5巻が待ち遠しいです。

  • 事故で両親を亡くした中学生の少女と、彼女を引き取った独り暮らしの小説家の叔母との共同生活記第3巻。めっちゃ良い! インクルーシブであるためのケーススタディとして最適。気づかない偏見や差別意識をよくある日常の人間関係の中で描いていて、震えた。凄いなあ。

  • 「『フライドグリーントマト』」
    「……あなたが誰を好きになってもならなくても、…それは罪ではないという話」

    あ、あれ、新刊出てるの今頃気づいた。
    この人新刊通知するとBLがたくさん来るから…。

    えみりは同性愛者なのかしらん。

    今回は槙生ちゃん中心かな。
    亡き姉や親との関わり、古い友人兼元カレとの関わり、ずっと抱えている生きづらさ、「なんでこんなこともできないんだろう」に対する交々についての話。

    物語を全く必要としない人というのは、必要とする人種からはなかなか想像しにくい。
    物語が必要だということが「かくまってくれる友人」のようなものだと言うのは、目新しい知見ではないけど、上手く説明してもらった気がする。
    そして物語でなくても、勉強や編み物や、そういったものも「友人」になると。

    とにかくこの落ち着いた語り口が本当に好きだ。好きだ。槙生ちゃんのエッセイももっと読みたい。


    〉あるいは適した群れを探すことが人生であると言う人もいるだろう
    〉あなたはどんな群れにいてもさみしいかもしれない
    〉誰ともいないほうが心地良いかもしれない

  • 16〜20話

    まきおちゃんのエッセイすごくいいな。
    えみりちゃんは同性愛者なのかなぁ。

    19話深かったなぁ。
    「わたしが何に傷つくかはわたしが決めることだ」からのまきおちゃんの話、全部メモっときたい。

    20話はなにあれ///////
    まきおちゃんが笠町くんにドキドキムラムラするように、笠町くんの勉強くんへの探りにわたしもめっちゃドキドキムラムラするんですけど。
    しかしまきおちゃん、よく「めちゃしたい」って言ったな(笑)

  • 「何に傷つくかはわたしが決める」ということ、ほんとうに、私は大人になるまでわからなかったな〜……それでいて今もたぶん気付かないとこで傷つけてんだろうな……とじくじくした気持ちになる。魂に刻んじゃおうね。
    会話のキャッチボール、間柄による何気ない返しが全部意味を持つ作品。すごいなー。なんていうか……空気がふるえるのがわかる……。

  • 「何の気なしに言ったことに傷ついたと言われた」ことは身に覚えがあるし、あやふやにごまかした罪悪感は今でもふとした瞬間によみがえる。どうしたらよかったのかな…とむつかしいことを考えようとしたところで最後の笠町くんのくだりに全部持ってかれるのでよろしく…!!!

    食べるもの何でもおいしそう。「無水鍋つよい」は笑った!

  • 母と子の関係、姪と叔母の関係、姉と妹の関係、何に傷つくかは自分が決めることで人に断じられることではない。その距離感の取り方もむずかしく。また、昔の恋人との関係も動き出しそうな予感に。あなたが誰を好きになってもならなくても、それは悪いことではない、と言ってオススメしてた「フライドグリーントマト」観てみたくなる。

  • ☆五つが足りないぐらい4巻は素晴らしい。
    まきおくんのセリフは今のわたしにめっちゃ響く。お母さんとまきお姉妹の見送るシーンはとてつもなく強力で母娘の文法を語ってる。

    笠町くんとうまくやれたらいいな。大事な人は大事にした方がいい。

    物語を必要とするわたしにこの話しに出会わせてくれてありがとう。

  • あらあらあらあら。

    こうこうせいがなー、雑なのがホントブーメランでつらい。すごい。繊細さを拒絶と横暴と仲間意識で包むこの会話たち…

全39件中 1 - 10件を表示

ヤマシタトモコの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

違国日記 4 (フィールコミックス FCswing)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×