女の園の星 1 (フィールコミックス)

著者 :
  • 祥伝社
4.54
  • (60)
  • (23)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 508
レビュー : 38
  • Amazon.co.jp ・マンガ (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396767976

作品紹介・あらすじ

「声を出して笑った」の声、続出!!!
漫画賞総ナメ『夢中さ、きみに。』の和山やま初連載!

ある女子校、2年4組担任・星先生。
生徒たちが学級日誌で繰り広げる絵しりとりに翻弄され、
教室で犬のお世話をし、漫画家志望の生徒にアドバイス。
時には同僚と飲みに行く…。

な~んてことない日常が、
なぜこんなにも笑えて愛おしいんでしょう!?
どんな時もあなたを笑わせる未体験マンガ、お確かめあれ!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 絵があまり好きでなかったけど、グイグイ引き込まれていきました。
    そして、ジワジワと笑いが…
    おもしろい!!

    続きが読みたい。

  • ふと目の前に現れたので読んでみた。

    主に女子高の国語教諭・星先生(30代男性)目線で描かれる、
    緩い、というか、ぬるい日々の淡々とした情景。
    星先生は仕事熱心でナイーヴ。
    自問自答が止まらないタイプで、
    常に外的世界と内的世界を行き来しながら暮らしている
    ――というのは、誰にでも当て嵌まることなのだが、
    彼の場合は飛躍と着地の加減が極端で、そこが笑いを誘う。
    そんな心理描写がわかりやすく画像化されるのは
    マンガならではの表現だな、と感心。
    これが映像になると付加情報が多くなるので、
    独特の旨味が減殺されてしまう気がする。

    端正にして陰影に富んだ独特の画風は、
    ページを捲ると恐ろしい、おぞましい、
    あるいはインモラルな出来事が待ち受けているのでは……と、
    期待と嫌悪感を同時にそそるのだが、
    人の心を無惨に抉るような展開にはならないので、
    肩透かしを食った(←何を期待していたのか)。
    が、同時に、
    そもそも一々「空気を読む」だなんてことを
    考えもしない無邪気なお嬢さんたちが
    着かず離れず、絶妙な距離感で息をしていて、
    そこには悪意という名の毒も存在せず、
    自分自身も他者をも傷つけるのをよしとしない
    「のっぺり」「ツルッとした」優しい、
    平板でひんやりした世界が広がっていて、
    漠然と「ああ、これが令和か」などと感じつつ、
    ところどころキラーフレーズでお茶を噴かされたのだった。

    いかんな、流行りものに踊らされたくない主義なのに、
    最小公倍数に取り込まれているぞ(笑)。

    以前他のレビューにも書いたが、
    萌え系や、やおいではないジャンルの人に
    頑張ってほしいので、嵩上げして★4。

  • 男子高校生の不条理な可笑しさ「夢中さきみに」で手塚治虫文化賞短編賞受賞した和山やまさんの新作は舞台を女子高校の教師に移しての相変わらずの不条理な可笑しさ。後を引くこと間違いなしです。

  • 『副担です』
    『タピオカ』
    『犬眉』クラス全員!
    『エターナルカオル』
    『ポロシャツアンバサダー』
    『トマトハイ』
    『お酢カレーサンバです』
    『バズーカ撃つのはどうかな?』

    絵がすき!

  • 令和最強の逸材でた………

  • 女子高あるある。
    星先生、子どもいるのかよ!!

  • ・芸術作品すぎる!!!一コマ一コマが素敵すぎる

    ・くすっと笑えるし何回も読み返したくなる箇所がたくさん。ゆるーくずっと続いてほしい…

  • 前作の『夢中さ、きみに』を読んで以降
    大ファンになった和山先生の2作目。

    女子校で繰り広げられる日常を淡々と綴った
    だけなのに、基本的に感情の起伏がほぼ無い
    星先生がJKや同僚の先生方に翻弄されつつ
    なんだかんだ上手く付き合っていっている
    その姿に愛おしさしか感じない。

    笑わせようと思っていないような下心のない
    小ネタたちに、いちいち腹を抱えて笑ってしまう。

  • ページをめくった瞬間笑いが患部にパーン!!と入ってきてすごい。
    笑わせたいのか純粋に作者がただそう表現したかったのかわからないくらい登場人物たちがナチュラルに狂っていてすごい。
    初登場でいきなり「包茎だぁ」と言っていた小林先生がどんどんかっこよく見えてきてすごい。
    2巻も買います。

  • ジャケ買い。日常的でシュールでジワジワ来る。ドラマ化したら面白そう

全38件中 1 - 10件を表示

和山やまの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

女の園の星 1 (フィールコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×