新宿ラッキーホール (Feelコミックス オンブルー)

著者 :
  • 祥伝社
4.26
  • (276)
  • (208)
  • (86)
  • (13)
  • (3)
本棚登録 : 1754
レビュー : 114
  • Amazon.co.jp ・マンガ (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396783211

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 私はこういうBLがもっと読みたいんだよ!!!!

  • 作者さんはマゾ萌え? 絵が苦手系かな~と思ったんですが、読んでいるうちにそんな小さなことなんて全然気にならなくなるほどのめり込みました! なぜかみんな可愛く感じる。ヤクザさえもw
    でもこれオールリバな印象があるので、そういうの苦手な人にはきついだろうなあ。 

  • 表紙はケツ出し主役はオッサン舞台はゲイビ会社でヤクザの下請け、もう何一つキレイな要素がない本なんですが、ただ一つ恋愛要素は純愛そのもの。実にくもはるさんらしい良いBL。正直いってほぼエロシーンなんですがそれでもキュンとしてしまう、そんな連作群でした。

  • ヤクザの人は苦手です。苦味さん大好き。

  • 最高 斎木くんむっちゃかわええ

  • だらしなくエロいAV男優苦味ちゃんのだらしない物語。

  • 本誌で『陽当たりの悪い部屋 前篇』を読んで、
    気になってた作品。
    リバっぽい表現もあるから、苦手な人は苦手なのかなと。

    サクマさんのSっぷりが堪らないです。
    なのに、なんだかんだで苦味に対する独占欲も強くて意外。
    巻末の二人の色っぽさがたまらないですね。


    わんこな苦味もかわいいですが、斉木君もかわいいです。

  • 物心ついたあたりからのサクマさんをずっとそばで眺めていたくなりました。

  • 面白かったです。キャラクターは生き生きしていて、現在は楽しいながらに切なさありで、過去編は本気で切なくて泣きそうになりました…。

  • ものすごい「BLはファンタジー」を思わせるんだけど、しっかり王道を外していってるところが凄い…

全114件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

漫画家。2008年、短編『窓辺の君』でデビュー。2010年より初の長期連載『昭和元禄落語心中』を「ITAN」(講談社)にて執筆開始。2014年第18回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、第38回講談社漫画賞・一般部門を受賞。2017年手塚治虫文化賞の新生賞を受賞。同作完結後は三浦しをん原作の『舟を編む』をコミカライズ連載中。そのほかBL作品を多数発表。

「2017年 『落語の入り口』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新宿ラッキーホール (Feelコミックス オンブルー)のその他の作品

雲田はるこの作品

ツイートする