新宿ラッキーホール (Feelコミックス オンブルー)

著者 :
  • 祥伝社
4.26
  • (276)
  • (208)
  • (86)
  • (13)
  • (3)
本棚登録 : 1755
レビュー : 114
  • Amazon.co.jp ・マンガ (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396783211

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • BL歴20年弱… 初めてリバで萌えました┏○)) アザ──ス!ww

  • 新刊楽しかった〜!

    『ちょっとは妬けよ、苦味』
    って台詞にズキュンとなる。


    どうしようもなくダメな二人は色んな人と関係をもち問題を起こすが、絶対に離れられないのを知っていて言葉に出さない

    凄くかっこよくて映画を観てるみたいだった

  • 他の漫画を買いに行った時にインパクトのある表紙が目に付いて衝動買い。
    大当たりでした。

    とにかく苦味ちゃんとサクマさんの関係に萌え!
    まっとうな恋愛感情とは違うのかもしれないけど
    根底ではお互いに必要とし合ってる感じが堪らんです。
    二人の生い立ちを思うとなんだか胸がギュっとなるんだけど
    同時にふわっとあったかくなるこれはなんだろう…。
    二人が出会えてよかった。
    描けていないエピソードがまだたくさんあると
    あとがきにあったので、ぜひとも続編を読みたいです。

    この1冊を機に作家買いするようになりました。

  • 評判どおり期待を裏切らない良いBLでございました!苦味ちゃんかわええ、斉木くんもレニちゃんもかわええ、そんな中さくまさんがびしっと渋味を効かせております。

  • オマケ漫画のレニのTシャツの時事性よ…┌(┌ ^o^)┐
    レニ斉木をもう少し追いたいなぁ…そんなのただ可愛いだけなの目に見えててつまらないか、くっ!

  • とにかくみんなかわいい!!
    レニ斎木組もかわいい。
    3Pはきゅんきゅん(笑)
    苦味の売れてた時の話ももっと見たかったなあ。

    何よりも私は、全力でサクマ受けを推したい。

  • ナイス。久々にこれは!と思った漫画。この汚い大人~な感じがすてき。おっさん受け(まあ攻めもおっさんなんだけど)って言うほどおっさんに描かれてないし絵がさらっとした感じなので読みやすい。いや、読みやすさ求めてないよって話なのかな。
    リバはもちろん、何でも来いな感じ。あ、でもそんなに下世話じゃない感じがする。やってるだけのところもなんか品がある。品というより粋かな?
    やっぱ苦味とサクマさんの過去編が一番おもしろいけど、斎木くんとレニの若々しくてかわいい感じも好き。泣き顔かわいいなー。
    それにしてもこの表紙で「お印でよろしいですか?」っつって堂々とカウンターに置いた店員さんちょっと恨む。

  • 『唇は苦い味』と『陽当たりの悪い部屋(前編)』を雑誌で読んでいたけど、同じ系統の話だと思ってなかった。
    しかし、おもしろかったー。
    サクマさんが挿れてって言うの、たまらないですね…!

    雲田さんの描くキャラクタは、みな人物としての魅力と色気があるので、受けでも攻めでも違和感が無い。から、最後も自然だった。
    リバがもっと増えてほしい。。

  • 苦味が好き!

  • 表紙からパンツ!開いて二丁目の写真!レトロな味の雲田さん、登場人物みんなイイ。おっさんがガッツかなかったり、影多かったり、イシシと笑う顔とか、ぜんぶ好き!

全114件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

漫画家。2008年、短編『窓辺の君』でデビュー。2010年より初の長期連載『昭和元禄落語心中』を「ITAN」(講談社)にて執筆開始。2014年第18回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、第38回講談社漫画賞・一般部門を受賞。2017年手塚治虫文化賞の新生賞を受賞。同作完結後は三浦しをん原作の『舟を編む』をコミカライズ連載中。そのほかBL作品を多数発表。

「2017年 『落語の入り口』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新宿ラッキーホール (Feelコミックス オンブルー)のその他の作品

雲田はるこの作品

ツイートする