スニップ,スネイル&ドッグテイル (Feelコミックス オンブルー)

  • 祥伝社 (2013年10月25日発売)
3.58
  • (50)
  • (62)
  • (76)
  • (21)
  • (8)
  • 本棚登録 :967
  • レビュー :68
  • Amazon.co.jp ・マンガ (141ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396783396

スニップ,スネイル&ドッグテイル (Feelコミックス オンブルー)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ヤマシタトモコがいま最も注目すべき作家なのは間違いないが、今作もすばらしい作品。前作「ひばりの朝」で泥濘に沈み込むような悪意を描き切ったあとは、それより少しライトめのBL。
    話そのものはごく普通のBLだが、その構成の妙が作品を非凡なものに仕上げている。物語は二人がであってから同棲に至るまでの8ヶ月間、それを時系列に描くのではなく、バラバラに分解して再構成する。それによって二人の関係の変化を読み解くためには、読み手は時間を行きつ戻りつしなくてはならない。その時系列を壊した配置と、そして何度もページをめくりかえす行為とが作品に絶大な効果を与えている。
    これだけの構成を実現する手腕というのはなかなかない。ヤマシタトモコは一作ごとに技術を大きく進歩させているが、今作でもまた今までとは違うアプローチに挑戦しそれを見事に成功させている。とんがり過ぎて脱落する読者もいそう(実際amazonレビューで低い評価をつけている人はみな時系列がバラバラなことを批判している)だが、それでも表現に磨きをかけていく姿勢は素晴らしい。やっぱり目が離せない作家だと思う。

  • ヤマシタトモコさんやよしながふみさん、好きだけどBLにはあまり興味ない。これはBLってよりも好きになったら、男とか女とか関係ない人々のラブな訳ですが、オシャレーな雰囲気に呑まれてオタオタしているうちに時系列にも混乱してあまり浸れませんでした…。

    ただね、どっちから仕掛けたのかも分からず、お互い天邪鬼で認めたら負け!みたいな恋の攻防戦…渦中にいると、もー!!ってなるよね。問いただしたい、でも怖い。伝えたい、でも言いたくない。

  • 同軸リバだったけどセックスしてないからありだと思える作品 眼鏡の色気ヤバイし、バスの運転手かぁバスの運転手かぁ…ってなった 萌えた

  • 時間軸を交差させて二人の日常を断片的に見せる手法は映画的で斬新。しかし漫画だと余韻がないまま次のシーンに移動するので、内容を把握するのが一回では難しいのが事実。
    前からヤマシタさんの作品は映画的だと思っていましたが、もう少し長いターンの時間軸なら分かりやすかったのかも。何度も読むうちに過去の出来事がフラッシュバックされてスルメのように味が出てくる一冊。ただ真面目男とノンケで彼女持ちの男の不器用な関係が、いまいちキャラクターに感情移入出来ないまま話が進んでいってしまったので萌え不足に終わってしまったのが残念。
    装丁はさすがonBLUEさん。鮮やかなピンクとグリーンとオレンジにブラックの帯が映える。タイトルも素敵。

  • 先ず筆者が描きたいようにやりたいようにやった、という前提の元で言うと、とても読み解きがいのある漫画ともとれるし、面倒くさくてわけわかんない、とも取れました。時間軸で遊んでいるので、キャラクターの相互理解深度が時間と沿っておらず、読者とキャラの間には常に不揃いな溝がある。そこはちょっと読みにくかったです。私は面白かったです。試みは成功したと思います。

  • 8ヶ月間の日記だそうですが、時系列が前後します。
    それでも、なんとなくで全体的なまとまりが見えてきます。
    バスの運転手と自分をぼくと言う翻訳家のお話です。

  • 噂の時系列入り乱れ漫画(笑) 面白かったよ大好きだよ(≧∇≦)!!

    一冊まるまる表題作。 まじめ男と彼女持ち。 2人が半同棲関係になるまでの、8ヶ月の日記−
    出会いから急激に仲良くなって安城の彼女が去り、峰とセックスをして寝食を共にするまでの8ヶ月が、映画の場面転換のようにリズミカルに入れ替わる。 最初はホント読みづらいし必要以上に短いスパンでシャッフルされてる気がするけど(笑)
    読み終わった後、ところどころに散りばめられていた気恥ずかしいような愛おしさがグワッと一気に襲ってくる。 なんだこの新しい萌え…( ̄∀ ̄*)

    相変わらず雰囲気で読ませるコマ運びや台詞回しにたゆたっていると、時に確信を突かれてハッとなる。 その揺さぶられる感じがヤマシタBLの醍醐味だと思う。
    あそこで谷川俊太郎の詩は良いチョイスだなぁ。 素敵過ぎて腹が立った(笑) 一見マッタリ穏やか日常淡々系にみえて、いろんな意味で感情を掻き立てられる作品。 「運命」を漫画で表すとこんな感じになるね!

  • まじめ男と彼女持ちが半同棲になるまでの8か月の日記を切り取ってバラバラに並べたような流れ。
    オシャレだが読みにくい、けど、また読みたくなる。

  • 結構これ実験作ですね!趣向が面白い!ゲイとノンケがゆっくりと距離を詰めて行く感じ、現実にもこういうカップルいるんではないかと思っちゃいました。あと、2人の空気感が伝わってきて、ヤマシタトモコさん、大好きだー!と改めて思いました。
    ポリネシアンセックスってなにwww

    「…おまえと日吉はもう全然わけが違うから …おまえはダメ」 薄暗い部屋に張り詰めた空気、色気が漂っていて、雰囲気ある。まるで小説を読んでいるようです。

    追記。再読しました。これ、読めば読むほどいい味出してきますね。 普通の物語だと、まあオーソドックスなものだと起承転結があって、大筋がこうで〜ってな展開になるわけですが、これは日記形式で時系列もバラバラ。当然読者は2人がどういう経緯で距離を縮めて行くのか、最後にならないとわからないのだけど、実際、人生ってこういうことがあって、そうなったから、こうなった、といった筋書きがあるのではなくて、この作品で表されているような、小さな日常の積み重ねなんですよね。2人の日常の断片がちりばめられていることで、そういうのが強く伝わってくる。

    ありふれているけど、だからこそ尊い日々の生活の大切さが表現されています。とても素晴らしい物語だ、これは!ヤマシタトモコさん、サイコーー!!

  • 時系列がバラバラでそれはそれで面白かった。
    描き下ろしの前にあるもくじを見ながら、
    もう一度、日付にそって読み直しましたww
    ただページがのど(綴じてある方)にあるので大変でした

全68件中 1 - 10件を表示

スニップ,スネイル&ドッグテイル (Feelコミックス オンブルー)のその他の作品

ヤマシタ・トモコの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
中村 明日美子
中村 明日美子
ヤマシタ トモコ
中村 明日美子
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

スニップ,スネイル&ドッグテイル (Feelコミックス オンブルー)を本棚に登録しているひと

ツイートする