色咲き (onBLUEコミックス)

著者 :
  • 祥伝社
4.07
  • (14)
  • (16)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 130
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・マンガ (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396783655

作品紹介・あらすじ

テーマは“色”。

ピュアラブからバッドエンドまで。
7つの恋心を描くBLオムニバス。

純愛
[ロボット]
[初恋]

思春期エロ
[傷フェチ]

不道徳
[セフレ]

執着
[ヤンデレ]
[ヒモ男]

運命
[おとぎ話]

===========================

しあわせ知らずの岸さん。
岸さんに「好き」はわかるのか。

[黄]
岸さんはバイト先の店長と不倫中。
気持ち悪いのが気持ちいい。
そんな、ただれたセフレ関係。

[灰色]
岸さんを追っかけるのは年下男の美保くん。
犬みたいだけど優しいヤツ。
優しくしないで。もやもやしてしまうから。

だけど、 こみあげる気持ちの正体は?

[青]ロボット
[緑]ヤンデレ
[白]傷フェチ
[紫]ヒモ男
[赤]おとぎ話

に加え、描き下ろしショート収録!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 泣いた

  • 「色」に纏わるオムニバス。青年と人工知能ロボットの話が好き。

  • ほんわりした優しい表紙。お伽話のような短編集の本質は甘さよりも苦くて切なく、それぞれの着地点を考えさせられる。特典ペーパー六話のアフターに救われた。大人げないひとさらい!

  • 第5話、人間&人工知能ものだ…これはヤバい…俺の大好物じゃないか!!!しかも…泣ける!!無邪気でマスター思いのナルの決断…なんだこれ…一気に頭が覚醒したわ!!!四宮さん、最近物凄く好きになって来ててこれが来るか…

  • オムニバス形式の作品。ロボットの話がよかった。

  • アシモ君みたいなロボットと青年の話が、とても秀逸。思いもよらぬ結末でした。
    あと、貧乏青年のシンデレラストーリーがお気に入り。

    第一話、第二話~となっているけど、各々独立した短編集。なんか色がテーマになっているらしい。全然気付かなかった(そう思って読み直すとなるほどな~と)

    エロは雰囲気に反してしっかり描かれてた。キスもない純愛もあったけど。

  • かわいい度★★★★★ 筋肉度★

    一見、色々な愛の形が描かれている作品です。
    ほんわかとしたかわいらしい絵柄と切り込まれるようなお話に正直薄ら寒くなりますが、そこが醍醐味で楽しく読めました。
    視点を変えれば、灰色も緑色も黄色もどんな色も、薔薇色になるのだなあと思いました。
    私的に好きなのは、緑色の憎しみに満ちた愛情と紫色の執着した情が好きで、単行本の中ほどにこの両作品をもってこられたバランスがとっても好きです。
    どの作品も全部ピュアラブで全部執着心が強いな、と改めて感じました。自作も期待です!

  • 四宮さんの作品、ほのぼのテイストのものしか知らなかったので、今作は衝撃でした。衝撃度合いはギムナジウムものか、それともロボットものかで悩むところです。第三者から見てどうであれ、本人たちはその愛の形に満足しているんですよね。そこがまた切ないを通り越して怖いと思わせるところなんですけれど。

  • 涙が止まらないのでこのあと読もうと思った漫画は明日読みます。

    四宮さん天才。

  • 救いのないお話集。

全10件中 1 - 10件を表示

色咲き (onBLUEコミックス)のその他の作品

色咲き (onBLUE comics) Kindle版 色咲き (onBLUE comics) 四宮しの

四宮しのの作品

色咲き (onBLUEコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする