百と卍 2 (on BLUEコミックス)

著者 :
  • 祥伝社
4.38
  • (17)
  • (10)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 158
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・マンガ (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396784492

作品紹介・あらすじ

元火消しの
伊達男攻め、
恋と劣情の
過去。

このBLがやばい!(R)
2018年度版(宙出版)第1位作品


「巡りあえた奇跡が
 尊すぎて拝む……」
──担当編集


陰間あがりの百樹と、元火消しの卍。
義兄弟の契りをかわし、恋人として暮らす
ふたりの季節は春へと移ろうーー。

百樹は卍の愛情をいっしんに受け
愛おしい日々を送るかたわら、
ときおり見せる卍の辛そうな表情に
胸がつまるような思いを感じていた。

そんなある日、
ふたりの前に卍の過去を知るという男
千が現れる。

火消し時代、卍の相棒だったという千は、
かつて卍と身体の関係があったことを
ほのめかし…。


「お百 俺がてめェを
 何で好きか、わかるか?」


江戸時代BLの金字塔作、圧巻の第二巻!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 正直、卍が百に惚れた理由がわからなかった一巻。馬鹿で女々しい百が苦手だと思ったのが理由だと思うが、この二巻目、馬鹿だけど女々しく無い百がいた。可愛くて仕方ない。卍はスカした男だと思うが、百に惚れ切っている所が隙になっていていい。良かった。二巻。

  • もはやBLってより、時代物のコミックを読んでるみたいでなかなか読むのが大変。
    衆道は御法度ではないけど、年長者が攻めになるルールで卍的には悩みの種だったと・・・なるほど、今は百が居て良かったね!となった。

  • 百が可愛い。昔言葉が難しくて、ちょいちょい現実に戻される感が否めないけど、百が可愛い。

  • 実は1巻の表紙を見た時に、あんまり好みじゃないかもなあ…なんて思ったのでした。
    このところ幾つか出ている時代物のBLで、1作品を除いてハマれなかったのもあって手が出せず。
    でもちょうど読みたい物がこれといってないわぁなんて時期にたまたま書店で見かけ、まあ試しに読んでみるかと手に取り……。

    ほんと、食わず嫌いよくない!!!

    ちょっなんで私これ今まで読まなかったの!!!やだもうありえなくない?ありえなくない?
    ということで、もちろん2巻である本作も手に入れました。読みました。
    1巻がお百のターンなら2巻は卍のターンです。ひとりの男の訪いで、次々と卍の過去が紐解かれてゆきます。
    1巻よりもさらにさらに卍兄ィが壮絶に艶っぽくてもう…そりゃ千も未練タラタラになるわ…。
    百と卍、ふたりともそれぞれの過去がありますが、過去がどうでも今と未来が幸せならそれでよろしいわ…。
    続きもあるようなので楽しみです。

  • 年季明けで陰間茶屋を追い出された百。
    行くとこもなかった百を
    伊達で鯔背な卍兄ィに拾われ幸せな日々。
    しかし時折、卍兄ィの辛そうな表情に思うところあり…。
    そんな時に卍兄ィの火消時代の相方・千が現れる。
    そこで百が知る卍兄ィの過去、今回は卍兄ィの過去編。

    自分の性癖とある人への想いに悩む卍は
    千と体の関係を結ぶがしれは体だけ…
    自分のしでかした事や辛い想いがあって今の卍がいるし、
    それで百を拾って幸せになれたのだから結果オーライ!!ってとこかな?

    衆道にもマナーがあるのに驚いた!!
    またどうでもいい知識が…(笑)

  • 卍さんが火消しの時分。バリタチなのに年下だからってヤられちゃう縦社会なのね…。百に出会えて良かったね。
    それにしても江戸情緒が色濃くて相変わらず見とれてしまう漫画です。

  • 確かにその一方通行は切ない

  • 絵が美しい。作者の江戸への想いが伝わってくる。
    卍の造形が、浮世絵に描かれる色男そのもの。でも現代人から見ても色男。すごいです。

  • また凄味のある男前が登場したなぁ…!残念なことに鵺の千さまは嗜虐趣味な方のようだけど。しかし千の登場で、万次の色気がさらに増して、凄艶といってもいい域にいってて、クラクラした。百の可愛さと健気さも変わらず、兄ィを守るためなら強そうな相手にも向かっていくところは、ジーンときた。万次の叔父への想いは、あんなに早くから芽生えてたのね…。踊り字やカナ使いで江戸ムードが高まっているのは相変わらず嬉しい。まだ続くようで、本当にありがたい限り。

  • 卍兄ィの火消し時代のあれやこれや

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

江戸風俗考証に忠実な漫画。江戸BL漫画「百と卍」(祥伝社)連載中。同作が『このBLがやばい!2018年度(宙出版)』第一位、『ちるちるBLアワード2018』次に来るBL部門第一位と、二冠を達成。ドラマCD化も果たした。代表作はNHK木曜時代劇化作品・畠中恵原作『まんまこと』コミカライズ(秋田書店)、初連載作品『かぶき伊左』(KADOKAWA/エンターブレイン)は2014年文化庁メディア芸術祭にて委員会推薦作品を受賞。

「2018年 『全訳 男色大鑑〈武士編〉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

百と卍 2 (on BLUEコミックス)のその他の作品

百と卍(2) (onBLUE comics) Kindle版 百と卍(2) (onBLUE comics) 紗久楽さわ

紗久楽さわの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

百と卍 2 (on BLUEコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする