春風のエトランゼ 5 (onBLUEコミックス)

著者 :
  • 祥伝社
4.30
  • (21)
  • (16)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 479
感想 : 5
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396785529
#BL

作品紹介・あらすじ

アニメ映画化された大人気作!

東京、二人暮らし。寂しくも…楽しい!!
「そりゃお前と二人だし」

北海道の橋本家で駿と実央が暮らして5年。
ある日、とある大きな出来事が起こり、
2人は東京へ移住することに。
慣れ親しんだ家族との日々は終わり、
初めて2人きりの暮らしが始まった。
駿にとっては久しぶりの、実央にとっては初めての街で
2人はそれぞれ意外な人物と出会うことにーー?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • はぁ、、尊いね。

    実央も駿も尊いけど作者様よ…

    ヒューマンドラマよ!
    BLじゃない!
    私たちは駿の人生を見ている‼︎


    あんまり行動の説明がなくって感情をセリフと表情や仕草であらわしているからアニメーションっぽくかんじるのかな?
    不思議な作家さんだなぁ。
    唯一無二
    二人が籍を入れる日も遠くはなささうだし、実央のちんの行方も気になるし駿がもっときもちくなるのも見たいし、ただただ6巻を待ちますね?

  • ふたりの人生大忙しすぎる、いつ落ち着くのか…ふみのほうがある意味落ち着いてるよ!笑
    とはいえふたりの間の時間みたいなのはゆっくり流れてるな〜と思ってたら新キャラ出てきちゃった…どうなるのよ…

  • 【ここが、これから2人で暮らす街なのだ!!(駿)】

    エロス度☆

    実央と駿の恋物語第5巻。

    南の島から始まり、北の国での駿との実家暮らしときてnextステージは東京での2人暮らし。

    駿のダルダルさと実央の賑やかさが微笑ましく、東京生活を楽しむ実央のリアクションが可愛かったり、好きな人と共に過ごす毎日が楽しく輝いているのが見ていてとても羨ましい。

    実央がEDになってしまい濡場はありませんでしたが、Hがなくとも問題ないくらいイチャイチャな2人に尊さが100%な癒しで、駿にとっては予想外な人物との再会もあり、私も奇跡の再会に驚きました。


  • 新章開始。しかし今回妙にテンション高くなかった?

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

紀伊カンナ(きい・かんな)/漫画家・イラストレーター。
書籍の挿画を多数てがける。おもな作品に、庭名義で『怪人二十面相』『少年探偵団』(講談社青い鳥文庫)、「死神うどんカフェ」シリーズ(講談社)、紀伊カンナ名義で「妖怪お宿稲荷荘」シリーズ(中公文庫)などがある。漫画の作品に『魔法が使えなくても』(祥伝社)ほか。


「2019年 『長浜高校水族館部!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

紀伊カンナの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×