天狗神 (Feelコミックスファンタジー)

著者 : 夢花李
  • 祥伝社 (2007年4月20日発売)
3.50
  • (47)
  • (38)
  • (137)
  • (10)
  • (2)
  • 本棚登録 :490
  • レビュー :31
  • Amazon.co.jp ・マンガ (162ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396790066

天狗神 (Feelコミックスファンタジー)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 夢花さんの描くファンタジー初読みだったのですが、良かったです。夢花さんの描く空気感が好き。ファンタジーになると、より分かりにくいけど!(笑)双子良いですね~。続きが気になるけど出ないのかな。さみしい。

  • 続きはないのでしょうか…?

  • これだけ言いたい。続き描いて。

  • 絵も話も、とても綺麗。

    この方の漫画と出会えて
    よかったなぁって他の作品も読んでいて思う。

  • 続き気になる。
    お兄ちゃんの食われるとかもだけど、弟のが気になってる。

  • すき

  • ほんのりBLな少女漫画。絵が綺麗。続きが気になる。

  • イラストもきれいで微妙にBLの雰囲気がありますが物語の雰囲気がいいです。神と人との関わりの中で、転生前と転生後の話がからみあっていて、続いたら面白そうなのに、と思うのですが、続編はまだ書かれていません。そこが残念。

    いかにも続きがあるような感じで、登場人物について明らかになっていない部分も多々あるので、すごくその先が気になります。

  • <内容紹介>

    その昔、戦乱の世を戒めるべく、その終焉まで陰で助力を尽くした神々があった。乱世の始期により、再び神々の時代がくる…。中学生の雅水雲の双子に兄、東雲は、少々変わり者。肩には猿のような生き物をのせ、自分のことは「ワシ」という。さらに、東雲を神様として拝むと願いが叶うというジンクスもあって、水雲は東雲のことを少し心配気味。そんな平凡な生活を送っていた水雲と東雲の前に、突然西の神に遣わされたという鬼がやってくる。鬼たちは東雲に西の神のもとに“嫁いで”ほしいと言うが…!? 水雲の前世を描いた「残桜詠」も収録。転生を繰り返す、天狗たちの苦悩と葛藤を描いたファンタジックストーリー。

    +―――+

    絵は幻想的でとても綺麗。線が柔らかく細やかで大変好みのタイプ。
    ストーリーはファンタジーで印象的。
    結末は未完。
    BL度は低く、苦手な方でも大丈夫だと思います。
    エロはなし。

    続き読みたいです。

  • はっきり言う。この人にストーリーものを求めたら、駄目だ。スカスカの雰囲気空気漫画もいいところだ。――とテンションがた落ちの表題作『天狗神』。世界救うとか、神への生贄とか、そういう小道具使いこなせていない。滑り過ぎて話作りの拙さが露呈してる。加えて、夢花さんお得意の独白ポエムがほとんど出てこないから、また誰にも感情移入できない。これだけなら迷う事なく星一つ。同時収録の『残桜詠』が、やっぱり空気ながらも星三つくらいなので、平均してこれ。
    閉塞、或いは拡がっていかない狭い人間関係、その世界の中での、主人公(?)の紡がれる独白にセンスが発揮されると思うのだけど…ロジオネの再来か。水雲の軽さが、世界救うという大事に反比例しているのはいいとしても、バカな大人バカな大人連呼してる割には、こいつも充分同等のそれだと感じるのもマイナスだなぁ。それにしても何なの、この中途半端なBL臭は…

全31件中 1 - 10件を表示

天狗神 (Feelコミックスファンタジー)のその他の作品

夢花李の作品

天狗神 (Feelコミックスファンタジー)を本棚に登録しているひと

ツイートする