キリスト教史 (上巻)

制作 : 石田 学 
  • 新教出版社
4.30
  • (6)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (455ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784400221142

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 牧師に勧められて読む。

  • キリスト教の歴史を簡潔つかつ詳しく解説。
    非常にわかりやすい…著者も訳者もすごいな!

    キリスト教はユダヤ教の一派として生まれた。
    ユダヤ寄りのキリスト教から乖離し、世界宗教としての素質を得ていくが、元のユダヤ教やローマ帝国による迫害、グノーシス主義との対立、一旦棄教した者をどう扱うかなどの問題が山積みだった。
    コンスタンティヌス帝までは苦渋の歴史を辿る。
    この頃は教会ではなく、井戸端や台所などで布教され、貧しい者や奴隷、女性などに広まった。
    しかし、実際コンスタンティヌスが洗礼を受けたのは死亡直前。
    キリスト教徒の支持を得るために寛容な政策を取ったという点もあるが、ほかの宗教と同じくキリスト教も信じていたと思ったほうがよい。

    これ以降は教義についての問題が主流となる。
    キリストの人格、本性だとか、マリアについて『神の母』という称号は妥当か、パンに酵母が入ってないものはキリスト教で言うパンでないなど、色々大変。
    教皇制度と修道院制度が、キリスト教を支えた。

    ローマ帝国の崩壊、異教との対立、教会の東西分裂など、様々な危機が訪れる。
    そんな中、東ではロシアの改宗、西ではキリスト教が歴史と密接に関っていく。
    イスラム教の発生と対立、エルサレムが奪われ、そして十字軍時代に突入。

    この後は中世に入る。
    ドミニコ会やフランチェスコ会などが発足。
    教皇たちが力を振るう一方で、権力に対抗するものも出現し始める。
    また、スコラ学が発達。
    ジャンヌダルクの活躍や、教皇のバビロン捕囚、西方の大シスマなど激動の時代を経て、そしてルネサンス期へ。
    人間や神が見つめなおされる中、ウィクリフやヤン・フスが教皇の権力と対立、最終的に異端とされ処刑されてしまう。
    しかしその活躍は民衆たちのなかに引き継がれていき、宗教改革の土台を作った。
    また、アフリカや中国などにも布教を開始。
    しかし、現地の習俗を受け入れる方針が批判された。

    以上上巻。

  • 著者の教会史を学ぶ真摯な姿勢に、感銘と共感を受けます。

    歴史を通じて、登場する様々なクリスチャンたちへの深い憧憬と敬意を持ちつつ、温かなまなざしで彼らの生きた時代を浮き彫りにします。

    とても読みやすく書いてあり、内容も難しい議論ではないので、教会史を学び始めたい人には、持ってこいの1冊です。

    価格は少し高いのですが、その価値あり☆あなたも時空を超える神の民の旅が身近に感じられるお薦めの1冊です。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

フスト・ゴンサレス(Justo L. González)は1937年キューバで生まれる。
キューバの神学校を終えた後イェールで学び、歴史神学の分野では同大学史上最年少で学位を取得。
エモリー大学、コロンビア神学校等で教鞭をとり、アトランタにある超教派神学校を最後に、現在は引退生活。スペイン語圏におけるプロテスタント神学の発展と発信を牽引してきた。邦訳『キリスト教思想史I』『キリスト教史 上巻』、同下巻。

「2017年 『キリスト教思想史 II』 で使われていた紹介文から引用しています。」

フスト・ゴンサレスの作品

ツイートする