権威と服従―近代日本におけるローマ書十三章

著者 :
  • 新教出版社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 7
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784400327479

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「キリスト者と〈天皇制〉」という、古典的かつ常に新しい問題を問う上で参考になる作品。キリスト教に関心のある人は、『宮田光雄集〈聖書の信仰〉』(岩波書店、全7巻)を手元に置くことを薦める。特に第7巻『信仰と芸術』は平易に、しかも深い世界を開示する。 (2010: 村松晋先生推薦)

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1928年高知県生まれ。東京大学法学部卒業。東北大学名誉教授。長年、学生聖書研究会を主宰して伝道に献身し、自宅内に学寮を建てて信仰に基づく共同生活を指導してきた。著書『政治と宗教倫理』『ナチ・ドイツの精神構造』『十字架とハーケンクロイツ』『権威と服従』ほか多数。

「2020年 『教義学要綱【ハンディ版】』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮田光雄の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×