HISASHI ありがとう

著者 : HISASHI
  • シンコーミュージック (1998年12月10日発売)
3.83
  • (23)
  • (12)
  • (35)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :103
  • レビュー :17
  • Amazon.co.jp ・本 (173ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784401615810

作品紹介

企画はもちろん、デザインまでHISASHIがアイディアを振り絞り、書く・描く・語る、もひとつオマケに魅せました。蟻伝説から蟻烈伝までの集大成にメカ・フェチの部分までを織り込んだ、ハッキリ言って、前代未聞のアーティスト・ブック。蟻伝マニアに贈る"上京熱血大馬鹿野郎読物集"。200%のHISASHIが詰まった初の単行本。

HISASHI ありがとうの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • GLAYファンなので。

  • HISASHIファン垂涎の一冊。可
    愛い&面白い人だなぁ。そんなアナタが好きです!

  • 本当におかしげなお方だな…!と心の底から思うと同時、愛しくて堪らなくなります。しかし、どんなに奇天烈な事をやっても、ナンセンスな言葉を吐いても、実際はとってもクレバー。ある種、マリリン・マンソンとも通じる所がある人ですよね。う〜ん、大好き過ぎる。そして、ゴースト・ライター氏に暴露されたプリプリの一件が可愛過ぎて、いつ読み返してものたうち回ります(笑)

  • 垣間みるだけでも価値あり。
    ばかばかしさと可愛さと面白さと、でも時々覗く意味不明なほどの賢さが飽きない。

  • 好きなGLAYのギタリスト、HISASHIさんの作品です。
    HISASHIさんの面白さがわかります。

  • このひとの頭の中はほんとに電波だなー、と
    あ、褒め言葉だよ!そんなあなたが大好きだよ!
    おそらくGLAY関連の本の中でいちばん読み返してるww

  • イタカワというジャンル。全てをひっくるめて好き

  • この人の文体が好き。カドガワに載ってた「ホテルメランコリー」程どう云う文才を持っているかは解らないけれど是非一度作家先生になって欲しいと思う一冊。
    低周波帯操縦躁病者と月給鳥が好きです。

  • 蟻。ラヴュー。

  • HISASHIさんは私の殿堂入りの人なので(笑)、本棚に収めるのも一番にしてしまう。でも実は一度借りパクされ、今持っているのは某嬢がくれたのだったりする…

全17件中 1 - 10件を表示

HISASHIの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

HISASHI ありがとうはこんな本です

ツイートする