すぐに役立つ音楽著作権講座

著者 :
  • シンコーミュージック
3.60
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784401633593

作品紹介・あらすじ

アマチュアからプロフェッショナルまで、著作権契約から印税計算、音楽配信までこれ1冊で音楽著作権のすべてがわかる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 音楽業界のコンテンツプロデューサーにして、
    日本初のコンテンツ専門1級IP技能士の著書。

    試験自体がまだ1度しか実施されていないので、
    現時点で30名弱しか1級技能士はいない。

    さて、契約書サンプルなど、
    多くの点でたいへん参考になった。

    3K(権利・規程・契約)への理解を深めることで、
    当業界での著作権の働き方を知る。
    同様にコンテンツビジネスにおける他分野、
    ひいてはコンテンツ産業全体に対する視点を得られたという点で、
    本書に出会った意義は非常に大きかった。

    【掲載されている契約書サンプル】
     ?著作権契約書(解説付き)
     ?音楽配信契約書(解説付き)
     ?アーティスト活動に関する専属契約書
     ?レコーディング契約書
     ?報酬請求権に関する契約書
     ?原盤供給契約書
     ?原盤譲渡契約書
     ?原盤利用許諾契約書
     ?商品化権ライセンス契約書
     ?出版権設定契約書

    [more]


    【読書メモ】

    演奏権等はJASCRACしか管理していないため、コンサート、ライブハウス、社交場などでの音楽の利用について管理委託する場合はJASRACと契約する p124

    課税文書に該当する契約書に印紙を貼付しないで調印した場合は、印紙税法に違反することにはなりますが、そのことによって契約自体が無効になることはありません p155

    プロデュース委託契約で重要なことは、プロデュースの対象となる原版に関する著作権法上の「レコード製作者」が原盤製作者であることを明確に規定することです p168

    1976年フォームを、著作権等管理事業法の施行を受けて大幅に手直しし、2001年に制定したのが現在の統一フォーム「FCA・MPAフォーム」です。・・・・・・なお、「FCA」」というのは「日本音楽作家団体協議会(Japan Federation of Authors and Composers Association)」のことで、日本作詩家協会や日本作曲家協会など音楽関係の13の著作者団体で組織されている、1986年設立の団体です。 p185

    契約書サンプル
     ?著作権契約書(解説付き)
     ?音楽配信契約書(解説付き)
     ?アーティスト活動に関する専属契約書
     ?レコーディング契約書
     ?報酬請求権に関する契約書
     ?原盤供給契約書
     ?原盤譲渡契約書
     ?原盤利用許諾契約書
     ?商品化権ライセンス契約書
     ?出版権設定契約書

    【目次】
    序 音楽ビジネスにおける「3K」(権利・規定・契約)の重要性
    1  音楽ビジネスのしくみを知ろう
    2  権利のことを知ろう
    3  規程を理解しよう
    4  契約のことを知ろう
    5  権利と規程をビジネスに活かそう
    6  契約書サンプル集 

  • 著作権の本を初めて読んだので、興味深いところが数多くあった。
    ただ、JASRACや音楽出版社側の意見が多めに感じられたので、他にもいくつか読んでみようと思う。

  • シンコーミュージックで、音楽著作権に関与されてきた実務家による教科書。
    現実的で、分かりやすい実例、実務が書かれている。
    実務家用の教科書という感じ。
    参考文献もしっかりしている。
    著作者個人への還元方法についての将来の方向性に対する考え方が、すこし判りにくかったかもしれない。

全3件中 1 - 3件を表示
ツイートする