そこでだ、若旦那! (BURRN!叢書)

著者 :
  • シンコーミュージック
4.00
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784401643516

作品紹介・あらすじ

音楽専門誌BURRN!連載の痛快コラム待望の書籍化!落語界に起こった様々な出来事を「立川流の落語家」の立場から鋭く切り込む内容はまさに全落語ファン必読!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 立川談四楼が雑誌「BURRN!」に連載したコラム。広瀬さんがいるのでロック誌に落語のコラムというのが面白い。連載当初が1999年1月号で、途中休載を挟んでいて今でも連載中とかで2016年のコラムもある。月一ペースなので内容が濃い感じがする。視野が広いので落語界の動きが分かって面白い。訃報が多いような気がする。若くして亡くなる方が落語界には多いのか。事件としては、 三太楼が師匠の権太楼を殴り、落語家をやめると言い出したのが、他の師匠が勝手にひろった話。作者も相当怒っている。

    権太楼について『権力志向が強く、協会理事になり、いずり会長へという野心家なのである。弟子を持つことも勢力と考えるであろあことは想像に難くなく、合わない弟子を員数のうちと、長く置いといたのが今回の不幸につながった』

    作者とも絶交して20年になるそうで『その上昇志向にうんざりし、何度か踏みつけにされ、やがて決定的なことがあつて抗議したら開き直られ・・以来、交際を途絶して長いのである。』芸風は下品としているのがショッキングな記事でした。

    このまま定期的に単行本化してくれるといいですね。月一だとなかなかたまらないけど俯瞰できて面白い。

  • 1999年からBURN!に掲載されていたエッセイをまとめたもの。やはり秀逸はG師を殴打して落語協会を廃業した末、落語芸術協会の師匠に入門したS師の件。落語協会については、馬風から小三治、市馬に変わってどんな変化があるのか、談四楼師の意見を聴いてみたい。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

落語家

「2016年 『師匠!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

立川談四楼の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

そこでだ、若旦那! (BURRN!叢書)を本棚に登録しているひと

ツイートする