モダンダンスの歴史

著者 : 海野弘
  • 新書館 (1999年6月17日発売)
4.00
  • (3)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 14人登録
  • 1レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (403ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403120053

作品紹介

モダンダンスの歴史を書きたい、という著者の夢は、『ダンスマガジン』によって叶えられることになった。しかし、いざはじめると、これはとんでもない仕事であった。全体の地図がまだできていないので、どこから手をつけていいか五里霧中でなのである。果して行き着けるか不安であったが、そんな地図のない旅をするのが、私の趣味なのだから仕方がない。ともかく出発して、自分の興奮の赴くままに自由に書いていくことにした。そして、ダンスだけを抽象的、形態的に語るだけでなく、ダンサーの人間的な面にできるだけ触れるようにした。その結果、ルス・セント・デニス、マリー・ヴィグマン、マーサ・グレアムなどの章は非常に長くなった。しかし、あえて、バランスがくずれることを気にせず、資料が豊富にあるダンサーについては、先を急がずに、じっくり語ることにした。その結果、ダンサーの人柄、精神的背景、人間的ネットワークなどへの面白い展開を示すことができた。

モダンダンスの歴史の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • モダンダンスの歴史をきちんとまとめた日本語の本は、いくらでもあるようで、意外とない。
    著者はダンスの専門家ではなくて、文化や芸術に関して膨大な著書のある博識家。アール・ヌーヴォーを始めとして19世紀末から20世紀にかけては特に造詣が深く、専門家ではなかなか手の届かない広い文脈の中にモダンダンスを位置づけながら説明してくれる。

全1件中 1 - 1件を表示

海野弘の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする