ルートヴィヒ2世―白鳥王の夢と真実 (ヒストリー・ブック・シリーズ)

著者 :
  • 新書館
3.63
  • (1)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403210167

作品紹介・あらすじ

ワーグナーのパトロンにして浪費家、異装愛好家にして美少年愛者、美貌と狂気のバイエルン王・ルートヴィヒ2世。生い立ち、ワーグナーとの出会い、築城への情熱、そして入水まで謎と伝説に包まれたその実像に須永朝彦が渾身の筆で迫る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 19世紀後半、プロイセンによるドイツ統一が進むなか政治に無関心でひたすらワーグナーの世界に耽溺したバイエルン王ルートヴィヒ2世の伝記。随所にルートヴィヒの書簡が引用され、ワーグナーに対してどれほど傾倒していたかを示している。

  • オーストリアのエリザベート皇后を調べていくうちに知ったバイエルン王。
    この方を知るにはちょうど良い本です。
    おすすめ!

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1946年、栃木県生まれ。歌人・作家。 著書に、「鉄幹と晶子 」(評伝)、「東方花傳」(歌集)、「就眠儀式」(吸血鬼譚集)等がある。

「2018年 『新編・日本幻想文学集成 9』 で使われていた紹介文から引用しています。」

須永朝彦の作品

ツイートする