恋の映画誌

著者 :
  • 新書館
4.75
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403210785

作品紹介・あらすじ

恋も殺人もない映画など考えられない。殺人のない映画にも、恋はあり、死が描かれる。名作58プラス1。

著者プロフィール

山田 宏一(やまだ・こういち)
映画評論家。1938年ジャカルタ生まれ。東京外語大学フランス語科卒業。1964〜67年パリ在住。その間「カイエ・デュ・シネマ」誌同人。著書に、『映画とは何か 山田宏一映画インタビュー集』(1)、『キン・フー武侠電影作法』(宇田川幸洋と共著)『何が映画を走らせるのか?』(キネマ旬報映画本大賞2005第1位)、『ヒッチコックに進路を取れ』(和田誠と共著)、『映画はこうしてつくられる 山田宏一映画インタビュー集』(2)、訳書に『明かりが消えて映画がはじまる ポーリン・ケイル映画評論集』、スーザン・ストラスバーグ『マリリン・モンローとともに』(以上すべて草思社)などがある。

「2020年 『文庫 ある映画の物語』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山田宏一の作品

ツイートする
×