雪よ林檎の香のごとく 林檎甘いか酸っぱいか~青~

著者 :
  • 新書館
4.64
  • (35)
  • (9)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 157
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403220883

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 『雪よ林檎の香のごとく』の続編。と言うか、同人誌などをまとめたもの。
    志緒の成人前のエピソードを集めたもの。
    短編集だけど、どのエピソードも繊細だけど鮮烈で、満足感がありました。
    本編よりも文章の美しさが際立って素晴らしかった。

    私の普段の好みから言うと、大人の恋愛物が好きで、
    主人公が若すぎるお話は共感しづらいのですが、
    このお話は志緒の若さ・青さ・真っすぐさが愛おしかった。

    桂視点から志緒の滑らかな成長を観察するのも良かったし、志緒視点から大人な桂のわずかな綻びを愛おしく思うところもグッときました。


    一番好きだったお話は「感情教育」。
    志緒が痴漢に遭う話ですが、いや~スカッとした。
    志緒の潔癖な直情さも良かったけど、
    桂が志緒のために怒ったシーンがほんと好き。
    でも一番カッコ良かったのはお父さんw

    「はるのうた」の卒業式もホロリときたし、
    書き下ろしの「死」について二人が意識するエピも好きでした。

    あ、エロはちょっとだけあるけど、卒業寸前まで耐えた二人なので、後半までほぼありません。
    一番エロく感じたのはやっぱり「感情教育」かなー。
    「やらないやらしさ」って言うのいいですね。

  • 2020/12/23-12/28

  • 先生と志緒ちゃんファンにはたまらない一冊かも。本編の裏話?北海道から帰ってからとか、卒業式とか、本編にはなかったストーリーが読めます。
    それにしても本編も久しぶりに読んだけど、この人本当に描写が上手いな!!なんかBLだけじゃもったいないんじゃ・・・ってくらい。普通の小説書いてもじわっとした心理描写してくれそうなんですが。まぁBLで楽しませてもらっているので、全然構いません。

  • 青編は志緒ちゃんが成人前の同人誌やSS、小冊子などを纏めたもの。同人誌は既読だったので読んでないものを抜粋しながら楽しみました。書き下ろしの作品は感想でなく、ウチもガン家系なんだよなとか、そういえば旦那ももうすぐ会社で健康診断だけど引っかからないといいなとか、現実的な事を考えてしまった… こうやって時間軸に沿って纏めてもらえて読めるのは良いですね。

  • なんだか厳かな気持ちで読み始める。青の方は先生と生徒なのでそのへんのシビアさが読んでて少々辛かったです。

  • 志緒ちゃんに恋し続ける先生が素敵。すごく育んでるって感じで。

  • 【雪よ林檎の香のごとく】の薄い本やらブログSSやらを纏めた作品です。
    実は一穂作品、ある時期から相性の悪さを感じて読むのをやめて
    しまったのですが、このデビュー作は未だに売らずに手元に残してます。
    このたび、総集編ともいえる作品が出るとのことで、少し不安では
    ありましたが2冊同時に購入。

    こちらは青で、志緒が成人する前までのエピソードです。
    本編の行間をみずみずしく書かれたものや、志緒の卒業、そして大学入学。
    大学生になって、自由にはなったけれども、もう二度と戻りはしない時間。
    変わりゆく景色の中で、志緒と桂が些細なことで幸せを感じ、そして
    一緒にいることの尊さを噛みしめる。
    志緒の成長を確かに感じることができたり、二人と同じように読者にも
    流れている時間を意識させたり……。

    デビュー作時点で自分はもう桂側からものを見てしまう汚れた大人
    でしたが、今回纏まった形でこうして読んでみると、過ぎた時間に思いを
    巡らせ、なんだか少し恥ずかしいような甘酸っぱい気持ちになりました。
    書き下ろしは桂の同級生の死をきっかけに、自分と志緒の【死】について
    意識するネタになってます。

    とても充実した内容でした。

  • とっくに志緒ちゃんの年齢は通り過ぎて完全に先生と同年代なのだけど、あの当時の青い気持ちを志緒ちゃんが思い出させてくれる。今となっては読んでる目線は100%先生なんだけど、その先生のヨコシマな心境(笑)や大人の事情もなんとなく理解できちゃう自分は年をとったんだなぁとじんわり。
    林檎ってやっぱり名作ですわ。

  • 「雪よ林檎の香のごとく」の続編とは思わなくて、先に読み始めてあれっ?て(笑)。

    あわてて文庫本買いました。
    単行本、2冊同時発売だったら新装版+続編って思わないかい、普通は。

    まぁ、なんにしろ「あ、こんなこともあったんだ、あの時」みたいな感じで楽しく読めました。

    さて次行くぞ!!

  • 今や手に入らない同人誌がまとめて読めるとはなんと嬉しい。
    同時発行の「赤」は成人後、こちらは成人前の完熟するまでの「青」
    本編の隙間を埋めるエピソードとその後が時間軸に沿って穏やかに綴られていて、短編ならではの時間や場面の切り取り方にほろっとさせられたりドキドキしたりぎゅっとなったり。
    二人きりでの北海道の一夜や文化祭などの本編の隙間時間のエピソードはどれももどかしく胸に詰まるような切なさと愛おしさ。
    「キスしろよばかやろう」はこんなこと言われたら堪らないよね。
    痴漢騒動での志緒パパの毅然とした態度に圧倒されながら「この家族に育てられた志緒だから好きになった」と改めて参ってしまう先生のもどかしさよ。
    後にこの経験の痛みや「大人」として守りきれなかった不甲斐なさが生きてくるのがより一層せつない。
    感情が育っていく最中の志緒ちゃんが日々恋をすることでしなやかに変化し続けること、その成長に目を見張りながら大人としての自分に煩悶し続ける先生とのコントラストが痛くて苦しい。
    卒業式に先生をここに置いていってしまう、と感じる志緒ちゃんの純粋さが瑞々しくて切ない。
    この感受性のやわらかさ眩さ鮮烈さに先生は動かされてしまったんだな。

    まっすぐすぎる鉄砲玉志緒ちゃんと先生の想いの行方、青くてみずみずしく感受性豊かな志緒ちゃんの純粋さも、成長していく志緒ちゃんを時にハラハラしながら見守り続ける先生も見てて愛おしくてたまらない。
    この二人に出会えて良かった、先生の人生に志緒ちゃんが現れたことと同じくらい、こうして改めて二人に出会えたのが幸せで泣けて仕方がなかった。

全13件中 1 - 10件を表示

一穂ミチの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

雪よ林檎の香のごとく 林檎甘いか酸っぱいか~青~を本棚に登録しているひと

ツイートする
×