ペテン師ルカと黒き魔犬 (上) (ウィングス・ノベル)

著者 :
制作 : まち 
  • 新書館
4.40
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403220906

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 魔術を使っていることがばれてしまえば火刑に処せられる世界。
    そんな中、その力を持つが故に父親が拷問の末に殺されてしまう過去を持った”力の術”をもったルカは黒い子犬を拾って旅を共にする。
    橋の上で助けた相手が富豪でそこから人生が少しずつ変わっていく。

    表紙や帯、設定の重苦しさの割りに、話の内容はかなり軽く感じるのは主人公の性格のせいだと思うが、その分、軽く読めるので良い。

  • 話の展開が早く深みに欠ける気がしないでもないがテンポが良いという事でしょう。魔犬のサーロがいい味出してます。サーロ視点の最後の章が、まさしく核心を突いているかと。思いの外コミカルな点があり楽しく読めました。

全2件中 1 - 2件を表示

ペテン師ルカと黒き魔犬 (上) (ウィングス・ノベル)のその他の作品

縞田理理の作品

ツイートする