韓国学のすべて

制作 : 古田 博司  小倉 紀蔵 
  • 新書館 (2002年4月発売)
3.29
  • (1)
  • (0)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • 24人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403250583

作品紹介

気鋭の執筆陣が描き出す等身大の韓国像。

韓国学のすべての感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 政治・経済・歴史・文化・宗教など各方面から韓国を研究した本。日本との複雑な関係の背後にある古代以来の中華意識、その日本に遅れを取った劣等感などの分析が興味深いです。考えれば日本よりもはるかに文化先進国だったわけでなるほどと思います。韓国のキリスト教に対する認識も正確ですが、どんな歴史をたどり、なぜ人口の1/3を占めるに至り、今それがどんな状況になっているのか、そしてなぜ熱心な信仰心が生まれてくるのか、現代の韓国を理解する上で重要なポイントであり、もう少し掘り下げて欲しかったと思います。

  • 政治から文化に至るまで、韓国学のジャンルを広く網羅した一冊。
    各テーマにつき1ページから4ページの分量で説明がなされているので、自分の関心分野を探したり、わからないことがあるときに辞書代わりに使うことができる。
    また、中間にちりばめられているコラムが非常に興味深く、私などはコラムだけ一番最初に読んでしまった。コラムだけでも一読の価値はあるだろう。

全2件中 1 - 2件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする