SFベスト201 (ハンドブック・シリーズ)

制作 : 伊藤 典夫 
  • 新書館
3.00
  • (1)
  • (0)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 38
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403250842

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 知らない作品がいっぱい!
    絶版で手に入らなそうな作品も結構ありそう。
    有名どころだけでなく、もっと幅広く読んでいきたい。

    既読作品は、ベイリー『時間衝突』 キャロル『死者の書』 ティプトリー『たったひとつの冴えたやりかた』 ギブスン『ニューロマンサー』 ホーガン『星を継ぐもの』の5作品のみ。(『スキャナーに生きがいはない』を読んだ、スミス『鼠と竜のゲーム』を入れても6作品)

    ・気になった作品たち
    グレッグ・イーガン『祈りの海』
    ロバート・J・ソウヤー『ターミナル・エクスペリメント』『さよならダイノサウルス』
    ジョン・ヴァーリイ『ブルー・シャンぺン』
    チャールズ・シェフィールド『マッカンドルー航宙記』
    ジェイムズ・ティプトリーJr『故郷から一0000光年』『愛はさだめ、さだめは死』
    コードウェイナー・スミス『ノーストリリア』
    ブライアン・オールディス『マラキア・タペストリ』
    バリントン・J・ベイリー『シティ5からの脱出』『禅銃』
    アンナ・カヴァン『氷』
    サミュエル・R・ディレイニー『時は準宝石の螺旋のように』
    T・J・バス『神鯨』

  • SFガイドブック。

     伊藤典夫さんの編集だ。でも、それぞれの作品の評を書いているのはたくさんいらっしゃるから、偏ることもなく楽しめる。

     2,3の本に興味を持って図書館予約を入れることにした。良かった。

全2件中 1 - 2件を表示
ツイートする