フィギュアスケート 美のテクニック

著者 :
制作 : 樋口 豊  太田 由希奈 
  • 新書館
3.67
  • (3)
  • (5)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (126ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403320347

作品紹介・あらすじ

フィギュアスケートには独特の美学がある。感動を呼ぶパフォーマンスを生み出す「美のテクニック」とは?2度のオリンピック出場経験があり、TV解説でもおなじみの名コーチ・樋口豊が全面監修。プロスケーター・太田由希奈がモデルとなり、基礎からトップレベルの美技まで、撮り下ろし写真で詳しく解説します。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 算数の展開図が苦手だったので、ステップの軌道やジャンプの足の動き等、理解しきれず。。。
    こういう時、ハリーポッターの両親の写真のように
    電子書籍で実際に動く映像を組み合わせて読めたら
    いいのに。。。と思ってしまった。
    (更に選手が選べて、違いが比較できたら最高)

    高橋選手のステップが50以上の組み合わせとか。。。
    上手い人はさらりとやってしまうのだなぁ、と。

    全日本も第一、第二グループの人たちはピタリと止まれなかったり、ジャンプばかりに目が行ってしまうけれど
    演技があっという間に感じる選手はスケーティングが上手いのだろうか。。

    スピンは経験と努力に比例する、とか
    巻末清塚 信也氏も言っていたが、プロスケーターになるのに引退という言葉を使ってほしくない、とあったが
    怪我で10代にして競技生命が終わるような練習や環境ではなく
    もっと味のある演技が出来る大人まで続けられるようにはどうしたらよいのだろう。。。

    疲労骨折とか多いし。。。

  • 要素ごとにフルカラー写真付きで詳細に解説されていてよいです。図書館に置いてあったフィギュア関連書籍で技術について一番説明されてたのがこの本だった

  • 技術論がきっちり解説されていて
    所有してじっくり読みたい本。

  • 芸術とスポーツの両面を併せ持つフィギュアスケートの魅力を知っていきたい初心者には最適の本ではないだろうか。(2011年5月の発行)

    まずは豊富に掲載されている太田由希奈さんのポーズ写真が美しく、見ているだけでも楽しい。連続写真に加えてスロー映像がついていたらなあと思うのは贅沢だな。

    樋口氏と太田さんのインタではじまるのだが、樋口氏はフィギュアの魅力とは美のなかに力があること。滑りながら演技し、滑りながらステップする事、美しいスケーティングをし足元からパワーが身体を通って上半身に伝わっていくのがその理想であると言う。

    第一章はエレメンツ、第二章はベーシックスキル。個人的には3章のプログラムパフォーマンスが興味深かった。プログラムコンポーネンツの説明に加えて、表現についての、ピアニストの清塚信也氏、バレエダンサーの斎藤 友佳理氏のインタもある。他には浅田真央選手の2010と2011年のSP、仮面舞踏会とシュニトケのタンゴのトレース比較の図もあり、いかにリンク全体をバランスよく使うように成長しているかの説明が興味をひいた。

  • 今シーズンはこの本で技術や要素をもっと知って観戦する予定

  • もはや、観戦時のバイブル♪ 
    ステップやスピン、ジャンプなどの種類が
    写真つきで説明されていて、とても分かり易いし、
    モデルの由希奈ちゃんはステキだし、大満足。

  • 図書館で借りましたが、購入します! 本を開いた瞬間、美しい写真の数々に「うわぁ~♪」と感動しました。太田由希奈さん、きれい。フィギュアスケートを観戦するのが好きなだけで、ロッカーもモホークもよくわからない私ですが、資料として持っていたいし、ずっと眺めていたい1冊です。(^^)

  • 2011/5/29 0:01

全9件中 1 - 9件を表示

野口美惠の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ブライアン・オー...
恩田 陸
米澤 穂信
高野 和明
羽生 結弦
村上 春樹
湊 かなえ
湊 かなえ
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする