それは言わない約束だろう (ディアプラス文庫)

著者 : 久我有加
制作 : 桜城 やや 
  • 新書館 (2008年1月10日発売)
3.27
  • (2)
  • (14)
  • (36)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :102
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403521799

それは言わない約束だろう (ディアプラス文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 芸人に挫折した人の話。
    夢を諦めるのはとても勇気のいる話です。こういうことの方が多いよね。

  • 旨くて安いと評判の定食屋、いせや。
    大学生の公彰は、そこで働く竜一に「ほんま美味しそうに食べるから」という理由で気に入られ、彼に構われながら夕食をとるのが日課になっていた。
    ある日、公彰は竜一が本気がお笑いの道を目指していることを偶然知ってしまう。
    芽が出ないまま、もうすぐ十年。
    ふだんは能天気にさえ見える竜一の思わぬ真剣さに、夢を持てない公彰は憧れを抱くようになるが…。
    書き下ろし。

  • 1つ目の話はしっくり来なかった。
    公彰が竜一をどうしてそんなに好きになったのかがよく分からなかった。

    2つ目の話は竜一が公彰にめろめろな様子が楽しかった。

    公彰のイラストが少しイメージが違うのが残念。

  • 誰もが成功するわけではないよね。

  • まあ、それなりに面白かったです。久我さんのお笑いへの思い入れがよく表れた作品だと思います。スポットライトから外れた所にも愛しい視線を送るファンならではの温かく、厳しい思いを感じたような気がします。

  • 軽く楽しかった。夢中になれる夢がなくても愛があればバラ色、おっさんメロメロww タイトルの意味がどこにあったか分からなかったけどw
    受けの積極性がいい意味で予想外の裏切り。オッサンが押しまくりなのかとばかり勝手に思い込んでたw ルックスのせいかなw オッサン挿絵いいね~。

  • 2008年8月15日 大図

  • 漫才師シリーズの番外編

    栄光の影に存在する夢をあきらめなければ
    ならなかった人間が丁寧に描かれていて
    その挫折や苦悩が味わえます。
    本来ならばこういう裾野の人間の方が
    圧倒的に数が多いはず。
    それでもちゃんと自分でケリをつけて
    自分の道を歩めるところが素晴らしい。

    単なるサクセスストーリーを読み飽きた方に
    是非お勧め。

全8件中 1 - 8件を表示

久我有加の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

それは言わない約束だろう (ディアプラス文庫)はこんな本です

ツイートする