黄昏の世界で愛を (ディアプラス文庫)

著者 :
制作 : 小山田 あみ 
  • 新書館
3.75
  • (3)
  • (4)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403522697

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • おまえにしか払えないギャラがあるんだ──。

    新人マネージャーの左草祭(さそうまつり)は、突然、真野奉一(まのほういち)の担当を任される。
    世界に認められた実力を持ちながら、その奔放な性格とスキャンダラスな言動で干されていたかつての大スター。
    傲慢で祭のことを少しも認めようとしない真野にふりまわされながら、いつしかその男らしい魅力に惹かれていく祭。
    ある晩、そんな彼に強引に抱かれてしまった祭は……!?

    スキャンダルまみれの元大スターX新人マネージャー

    ちょっと消化不良。続編を望みます。

  • 干されてた大スターが、再びブレイクする!っていうお話なのかと思いきや…そうではなかった;後味良くない(苦笑)まあ、あれだけ問題起こしてたら無理だろうなとは思いますが。自業自得。二人の恋愛に関しては幸せそうで良かったけど、でも今は良くても、果してこれからもうまくいくのかな…っていう不安は残りました。作中にも言われてたけど、祭に真野は重すぎる気はする。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

3月17日生まれ。千葉県在住。
1995年白泉社より『抱きしめたい』で単行本デビュー。
近著に『気に食わない友人』(徳間書店)『片思いドロップワート』(幻冬舎コミックス)などがある。

「2013年 『有閑御曹司と恋の事件簿』 で使われていた紹介文から引用しています。」

榊花月の作品

ツイートする