素直じゃないひと (ディアプラス文庫)

著者 :
制作 : 陵 クミコ 
  • 新書館
2.95
  • (1)
  • (4)
  • (9)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 65
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403523328

作品紹介・あらすじ

大学生占い師の嘉純は、仕事先の会社の社長秘書・見城が苦手だ。なぜか初対面から意地悪な男を、顔は好みなのに嫌な人だと思っていた。けれど稼業絡みでトラブルに巻き込まれた時、見城の示したさりげない優しさに、嘉純は相手を意識するようになる。そして一緒に酒を飲んだある夜、酔って「俺のこと好きになってくれる?」と聞いた嘉純は、見城からふいにキスされてしまい…?秘書×占い師、ツンデレ同士の恋。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 社長秘書×大学生占い師

    ツンデレ×ツンデレ
    とありましたが、攻めはデレデレやないかーw
    可愛らしいお話でした。
    さらっと読みたい時にオススメ。

    ノンケの兄貴が落とされるスピンオフ展開はよw

  • 見城のデレた後のベタベタ感が好きだった^^ あとはブラコンお兄ちゃんが好きだった。後半だけの登場なのが残念。

  • 社長秘書×大学生占い師
    前半良かったのですが見城が肝心な所で素直じゃなさ過ぎてちょっと愛がさめてしまいました。そこは男として言っておけよです。
    嘉純は好きなキャラですがもっと占いで活躍するところが見たかった。

  • お兄さんに怯えてるところが面白かったです。

  • とっても可愛いお話でしたねぇ。挿絵もピッタリ! 占い師って事だったんでもっとそっち系に焦点を当てるのか?と思っていたけれど、恋愛部分が大半でした。 でもこういう感じの意地悪攻は大好き♪ 意地悪した時の受の反応も可愛いからついつい構っちゃうんでしょうねぇ。 書き下ろしでは、ちょっと兄が出っ張りすぎでは?と思ってしまいました。

  • 挿絵買い。しかし陵さん、ちょっと線が荒かったかも。話は…読みにくかったし、攻めをどうも好きになれず、一度寝オチして再チャレンジでどうにか読了。個人的には新刊買いの必要なかった。

全6件中 1 - 6件を表示

栗城偲の作品

ツイートする