世界のまんなか~イエスかノーか半分か 2~ (ディアプラス文庫)

著者 :
制作 : 竹美家 らら 
  • 新書館
4.46
  • (47)
  • (28)
  • (6)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :244
  • レビュー :25
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403523779

作品紹介・あらすじ

極端な二面性を持つ人気アナウンサーの計と、懐の深すぎる映像作家の潮。知り合って一年、些細な諍いは絶えないながら仲良くやっていたふたり。そんなとき計は「ザ・ニュース」の裏番組に出演するタレントの木崎が、自分のせいで旭テレビのアナウンサー試験に落ちていたことを知る。好きでなったわけじゃない自分に、ここにいる資格はあるのか。迷いから調子を崩す計は、心配してくれる潮にも素直になれず…?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 面白かった。一穂さん好きです。
    大きな愛と余裕を兼ね備え計を高いところから見守る派な潮。いつも懐が深い潮の焦りがひしひしと伝わってきた。独白のシーンでつられて泣きそうになってしまいました。あと壁ドンは胸キュン過ぎ。竹美家ららさんのイラストも神がかっているよー。尊い。

    2017年積読本消化7冊目。本棚保存。

  • 仕事に対する情熱や完璧にこなそうとする姿勢は、裏を返せば「好きだから必至になってる」と言えるものだと思うのです。気づけないからこそ国江田さんは可愛いのかもしれない。
    二人の会話がとても好きで、仕事してる姿が生き生きしてて、働くってこんなに魅力的なんだと思わせてくれる描写が素晴らしいです。こんな風に自分も働けたらいいなって思いますって伝えたら胸中で罵られながら王子スマイルされるんでしょうね。
    BL小説は官能シーンがメインで読むことが多いのですが、官能シーンよりものめり込んで読んでしまう。

  • 計のアナウンサーとしてのお仕事について迷ったり悩んだりぐるぐるする回。
    高度な清廉性が~とか時事ネタぶっ込んできててめっちゃうけた。

  • 「イエスかノーか半分か」の続編。
    今回も掛け合いがテンポよく進みおもしろかったです。今回は計がちょっとお仕事に迷って自分を見失いかけて追い詰められてます。全然迷う必要はないと思うんだけど気にして調子崩しちゃうのが計らしいとも。そして潮のおおらかさにまたジーンとしちゃいます。火事中継のシーンは緊迫感があって鳥肌が立ちました。
    ここに来て記憶喪失?と思ったんだけど、きれいな国江田さんがまっすぐに潮に迫るのはそそりました。でもその後にはもっとやられた〜! 壁ドンここに持ってくるか。上手いな〜ホント。
    脇の皆さんも変わらないキャラの強さで楽しかった。錦戸さんもよかったなー。
    今回のイラストもとっても素敵でした。

  • あーーーー計はかわいい!本当にかわいい!ただそれしか出てこない!というくらい、計が可愛かったです。
    前作も可愛かったですが、五割増し、いや、六割増しくらいで更に可愛くなっています。
    一生懸命で真面目で器用で努力家で、でも素直になれなくて器用なんだけど不器用、肩の力を抜いて上手く生きられない美人さん。
    そんな計を放っておけなくて可愛くて、からかいながらそっと見守る潮。
    テンポがよくて、でもハラハラする前作の良さを殺していない展開と文章がとても良いです。
    恐らく麻生さんと木崎のスピンオフが来るのだろうけど、計と潮の話もこれからずっと続いてほしいなあ。

  • 計の性格とかあーわかるなーと感じながら読んで、潮の人間の完成度が逆に人間っぽくないなとぼんやり思いました。了とそうちゃんのスピンオフが読みたい。

  • 前作に引き続き面白い。新キャラもしくは皆川くんのスピンオフがあったらいいのになぁ。

  • 潮✕計の続編です。勢い衰えずの二面性ガッツリな計が本当に可愛いです。悩んでいても落ち込んでいても計は計のままで凄いなって思うし、潮も相変わらずいい男だった♪ そしてこんなラストの方にこんなネタきて大丈夫なのか?と思ったけど、潮の気持ちがしっかり感じる事ができるてよかったかな。壁ドンのセリフにはやられましたね。綺麗な国江田さんも好きですよ… とても面白かった!

  • イエスかノーか半分か の続編

    潮と知り合って1年、それなりに楽しくやってる。
    計の裏番組にニュース番組が組まれ、そのアシスタントが実は旭テレビを受けてたのに計と一緒の年だったために落ちたという話を聞く。それまで他人を意識したことが無かった計なのに、いろいろと追い詰められてきて、、、。

    計の焦燥感とかよく出てました。
    潮の基本は懐深いんだけど、たまに間違えて計を追い詰めてしまうところとか、良くできていました。
    そして、解決して終わりか?と見せかけて最後のトラップ!ビックリ!
    でも楽しかったです。

    そして、絵がチマ絵なのが全く私のイメージと合わなくって、それがなければ評価4でもいいのに、、、。

  • 「国江田さん」と「計」の共存共栄がますます鮮やかになり小気味良かった。
    第2の竜起のような木崎の影が薄いと思えば あれですから。
    帰るところは、世界のまんなか、いちばん大切な場所。

全25件中 1 - 10件を表示

世界のまんなか~イエスかノーか半分か 2~ (ディアプラス文庫)のその他の作品

一穂ミチの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

世界のまんなか~イエスかノーか半分か 2~ (ディアプラス文庫)に関連するまとめ

世界のまんなか~イエスかノーか半分か 2~ (ディアプラス文庫)はこんな本です

ツイートする