特別になりたい (ディアプラス文庫)

著者 : 桜木知沙子
制作 : 陵 クミコ 
  • 新書館 (2015年6月9日発売)
3.70
  • (1)
  • (5)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :28
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403523823

作品紹介・あらすじ

小樽の大学生・翔太は、アパートの隣に住む一つ年下の無口な橿原に妙に懐かれている。工芸ガラス作家として人気があり、学内でガラス王子と呼ばれるイケメンの彼と仲良くしたがるものは多い。でも「翔太さんだけいてくれたらいい」と橿原は言う。橿原はもっと友人を増やすべきだ、と翔太は思っていた。そんなある時、女の子に誘われて一人で飲みに行った橿原は、アパートで会った翔太を急に抱きしめてきて…?

特別になりたい (ディアプラス文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 冒頭は登場人物の名前紹介ラッシュなどをブワーッとやられた。。1ページに初登場の人物名5人書かれるのはこの世界初見の読者にはちょっとつらいです。。
    読み進めていけば面白く読み応えあった
    安心して読める王道BL!

    この作者さんらしく北海道舞台なのも◎

    攻めがイケメンで素敵
    受けも好感抱けるキャラだった。.:*

  • アパートのお隣さん同士で大学の先輩・後輩の間柄の翔太と橿原。仲良く過ごしていた二人の関係は、新進気鋭の学生ガラス工芸作家である橿原の告白により、新たな形へと変化し始めます。彼らがぎこちない恋をゆっくり育てていく日常が丹念に描かれており、癒し系BLを求めている方にはぴったりの作品。
    翔太にとって橿原との空間は居心地が良く、当初はノンケだった翔太が、自分に対してまっすぐな気持ちを向ける誠実な橿原に、次第に惹かれていく過程がとても自然。また、舞台である小樽、作中のガラス工芸・工房、主人公達の大学生活の描写も大変細やかで、まるでその場にいるかのような感覚を味わえるのが特徴。読んだらきっと現地に行きたくなるはず♪
    また、翔太と橿原がお互いを大切に思っている真面目さ・純粋さも好印象ですね。二人とも美形でありながら全く擦れていないので、読んでいて応援したくなります。受けだけども言動は男前な翔太と、攻めだけれども年下なので敬語が抜けない橿原、それぞれのギャップを楽しむのもまた一興かと。ストーリーは翔太目線がメインで、橿原目線も少しあり。
    優しくひたむきな二人が不器用ながらも一生懸命紡ぐ珠玉の物語、必読です。

  • 大学生工芸ガラス作家・橿原×大学生で先輩の翔太。アパートのお隣同士。
    小樽が舞台のお話。橿原に想いを告げられて、翔太がずっと友達だと思っていた相手への思いが恋なんだと自覚するまでが丁寧に描かれています。恋人になるっていう意味を考えて後ろ向きになりながらも、きちんとカッコ悪い気持ちも全部伝える翔太が男前です。

  • 久々の桜木さん。期待が高まるタイトルと陵さんの素敵な表紙でずっと楽しみにしてた。雑誌掲載分と続きの書下ろしが3.5:6.5くらい。ノンケ男前(翔太)がガラス王子ゲイ年下攻め(灯)から迫られたり嫉妬されたりの前半は、久々キタ〜っ!とゾクゾク。けど相愛エチは優しげな攻めが優しいままだったのが不満(言っちゃったよ)。桜木さんファンなのでついハードル上げちゃうけど、久々に(何度目だ?)まぁ及第点かな←自分何様? ★ペーパーは翔太がガラス工房でバイトしていた頃の話

  • 久々に桜木さんの本読んだけどやっぱり良かった!二人がくっつくまでの過程にジリジリもしたけど、終始穏やかというかこの優しい雰囲気がすごく好き。ガラス工房のシーンも素敵だった。

  • なんだかさらーっと読んでしまいました。

全6件中 1 - 6件を表示

特別になりたい (ディアプラス文庫)のその他の作品

桜木知沙子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする