あの日の君と、今日の僕 (ディアプラス文庫)

著者 :
制作 : 左京 亜也 
  • 新書館
3.56
  • (1)
  • (8)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403524226

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 積本崩し、絵師さん買い。久我さんひさしぶりです。制作会社ディレクター・渋川×地域局ディレクター・築地。お仕事をきちんとしてる2人に好感を持つ。仕事ができるのに受にだけはヘタレる攻がいいし、攻の「かわいい」「かわいそう」な顔に弱いけど男前な受も良かった。サクサク読めました。

  • 機会があって雑誌で読んでから、可愛らしい作品だなぁと思っていた。改めて文庫で読めて幸せだけど、書き下ろしの方はちょっと物足りない感じだった……個人的にもう少し起伏が欲しかったのかしら。
    ハンサムなヘタレ攻めは、オトコマエ受けと並んで久我さんの作品の醍醐味ですね。渋川、築島のことを好きすぎるでしょ……!って感じのカッコ悪さも愛おしい。

  • 芸人シリーズスピン、再会もの。良かったー。芸人シリーズいいわあ。

  • ★3.5 やはり久我さんの男前受けはピカイチ!ヘタレ美形攻めと絵師さんがぴったりでした。

  • ★3.7
    受けに対してだけヘタレの泣き虫になる攻めが可愛かった〜。築島のこと好きすぎるゆえの挙動不審な態度と、普段はちゃんと仕事できるイケてる姿とのギャップがおかしかった。築島の男前っぷりも気持ちよかったし、2人の会話のテンポも楽しかった。やっぱ関西弁イイ~

  • 渋川がどんどん可愛いく見えてくる。

  • 久我氏のおはなしは受けの人がおとこまえなところがいいですね。

  • 久我さんの王道関西弁BL。「築島はじっとしてたらええから」ここ笑った。楽しくサクッと読了。

全8件中 1 - 8件を表示

プロフィール

(くがありか) 2003年ディアプラス文庫『キスの温度』(新書館)にてデビュー。BL各社で活躍する小説家。

あの日の君と、今日の僕 (ディアプラス文庫)のその他の作品

久我有加の作品

ツイートする