同居注意報 (ディアプラス文庫)

著者 : 栗城偲
制作 : 陵 クミコ 
  • 新書館 (2018年1月10日発売)
3.38
  • (1)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :24
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403524455

同居注意報 (ディアプラス文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 両方の視点で語られるので、その時々のふたりの気持ちがわかるので
    ふたりがお互いの態度を同じように勘違いしてすれ違っているのが
    気の毒なような、じらされるような…。
    可愛らしいお話でさくっと読了。

    すましたように見える壱の心の声がとても初心なところが
    高校生らしくて可愛く、
    駈流の方も甲斐甲斐しくお世話してしまう割に
    遠慮してたり焦っていたり、そうかと思うとがっついてみたり・・・
    壱に振り回されているところも可愛いかったです。
    初恋からずっと駈流一筋の壱の想いと
    オカン体質の駈流の重い愛と・・・ちょうどいいバランスなのでは

  • 小学校低学年のころに数度遊んでもらった中学生か高校生くらいのお兄ちゃんがずっと好きだった壱。高校生になってからのまさかの再会!
    壱がちょっとワクワクを抑えきれなくて…なのに駈流さ〜ん(TT)
    美味しい料理がたくさん出てくるし、美味しそうに食べるし、作る方も嬉しそうだし、とてもハッピーでさわやかでした。タイムリーなバレンタインの話もあって、あま〜くまとまりました。
    壱パパがいいタイミングでちょこちょこ出てくるのもあぁっ…お父さん…となりながら楽しかったです。
    あとがきのスパダリ攻・スーパー攻様・オカン攻についての考察も、視点がかわる構成もおもしろかったです。

  • ★3.5料理の得意なオカン攻め×高校生。

  • とっても好みのお話で、甘々ほのぼので楽しかったです。視点がふたりの交互なので、お互いの認識が噛み合っていないのににやにやしちゃいます。駈流がせっせと壱の世話を焼きつつ、美味しそうに食べる姿を可愛いな〜と思っている様子がとても微笑ましい。喋り方も柔らかくて「いっちゃん」と呼びかけるのがすごい好き。壱は今どきの男子高校生だけど、初々しくもあってとても可愛らしかったです。

  • ★3.8

  • 安心安定の好き設定BLを堪能。攻受交互視点なのでわっかり易くニヨニヨしながら快読。オカン属性スパダリ攻めに美人DKと一緒に胃袋と♡を掴まれました★好き絵師さんだけど攻受逆なイメージ。美人受けは薄色の髪の方が好み〜とこれはひとそれぞれ★書下ろしPは攻めのゲイ友赤坂視点。攻めの過保護ぶりを生温かく見守ってて楽しい

  • 栗城先生のお話はいい。
    タイトルを見ると「きんぎょ注意報」と浮かんでしまう。歳バレですが。

    お父さんの転勤で引っ越すことになり、受験生でもある壱は、お父さんの親友のお宅に住まわせてもらうことに。
    そこは息子の駈流が一人で暮らしていた。
    子供の頃からの憧れの人である駈流と暮らせると、喜びいさんで前日に会社の近くで待ち、追いかける。
    そこで駈流にナンパされ、キスされて逃げ出す。

    素直になれない不器用高校生が、カッコいいのに、お世話好きで、「お母さんみたい」とフラれるオカンのような攻めに溺愛される話。

    壱が駈流を好きなのは分かるけど、顔が好みだったとはいえ、駈流が壱を好きになったくだりがイマイチだった。

全8件中 1 - 8件を表示

同居注意報 (ディアプラス文庫)のその他の作品

栗城偲の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする