眠りの杜の片想い (ディアプラス文庫)

著者 :
  • 新書館
3.53
  • (0)
  • (8)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403524691

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 祈祷師家に生まれた値賀。期待された能力がないことがコンプレックスになっているように見える。家族はそんなことを気にしているように見えないけれど。長く眠る体質のせいで困ることはありそうだけど、それでも周りの助けを得ながらなんとか頑張ってきた値賀。素直な値賀だから、周りの人も力を貸してくれたのかな。と思う。値賀を見て和んでいる紀州を見ると、2人は穏やかなカップルになりそうな気がした。

  • いっぱい寝ちゃう霊能者の家系の男の子が、田舎の土地調査に来たリーマンに恋するお話。
    能力もないし、寝てばかり。そんな自分にガッカリしてる値賀。好きになった人とは3週間しかいられない。頑張って告白して。でも彼には忘れられない恋人がいて…

    ちょっと?かなり?ファンタジーだけど、面白かったです。自分の恋のためについに力発揮しちゃうあたり値賀ちゃんちゃっかりしてます。

  • ちょっと積んでしまってました。
    生活に支障をきたすほどのロングスリーパー。そりゃ10時間は寝ないとダメってのは大変だわ。
    実は能力者の家系で、自分はないと思っていたけどご先祖様の加護で、いまの世の中には必要でないであろうと、能力が出現しないようにという気遣いだったわけで。
    ふんわりしたちょっと不思議が入った話でした。

  •  ちょっぴりファンタジー傾向で、軽めのラブコメ♡

     受君の「むん」って、どこかのキャラが言っていたような気がするのですが……多分コミックだったような……。なんだか、可愛いかも(*´з`)

     攻様はトラウマ持ちで、受君は社会生活に支障が出てしまう程のロングスリーパー。歳の差のあるふたりの共通項は互いに「ゲイ」であること。

     モジモジジレジレかと思えば、意外と積極的な受君が愛らしくて可愛い。可愛いは正義なのだ(´―`)
     ファンタジー傾向とは、トラウマの解消場面。ロングスリーパーであることや、受君の特殊なお家柄がそこで発揮されるといった落としどころ。

     攻様のギャップに萌えちゃいそうなので、もう少し先の二人の様子も読んでみたいわ。きっと、コミカルで明るい生活になるのでしょうね♡

  • いつも思うけど、さすが安西先生。森谷家は代々霊能力や降霊に優れ地域を守ってきた一族。でもロングスリーパーの値賀ちゃんは、全く霊能力がない。姉の有賀ちゃんも「森谷家史上最弱の能力者」でうっすらとしか霊が見えてない。そんな設定にまず面白そう!とワクワク

  • そういえば、センセの作品は年下攻めとか同級生はあったけど、年の差とか年上攻めとかは記憶にありませんね…
    ファンタジーの括りに入るストーリーかな?というのも値賀はクールビューティな祈祷師なんだけど、ほぼ霊感ゼロなので!しかもロングスリーパーっていう値賀ちゃんの設定からしてちょっとほんわかでほのぼのした印象。
    ファンタジーというよりは、ほのぼのラブコメの成分が多めでした。

    一方、値賀が好きになっちゃう30代イケメン眼鏡の紀州。彼はとても紳士的でいつ値賀と恋人同士になるのかなと焦れ焦れさせるほどで。でも、それには深い理由があったのが後半わかってきます。
    …でも、わりと受が無邪気にグイグイきてるのに、いまひとつ淡白で。ひとりでツッコミまくりながら読んじゃいました。値賀もそんなに寝てたら、いつ攻様とイチャコラするんだよ?という有様で、でもそこが微笑ましいといえば微笑ましかったところです。
    …年上攻めだったのがちょっと大変だったのか、いつものような話の広がりがなくてさらっと「ファンタジーぽい感じ」に仕上がってた気がします…
    別に年下攻めでも良かったかな。

    お姉ちゃんとのやりとりがほんとにかわいくて面白くかったです。お姉ちゃん最高でした。

  • 読み易さは正義。カワイチハルさん絵で萌え増し。拓海(攻めの元カレ)の「次は死にたくないって泣きわめくような人生送るよ」が沁みる。

  • 星3.5

  • 普段は紳士的で優しいまじめな紀州さんが、
    実はとっても・・・なところや
    初心で無垢な値賀ちゃんが、こうと決めたら一途に行動を起こすところも、
    見た目に反して可愛い小悪魔だったところも、
    大変美味しく楽しめました。
    ふたりのストーリーはあっさり爽やかな印象でサクサク読みましたが、
    文章にある「自分が大切にするものを手にするための自分勝手」とか
    時代にそぐわないものを強要しないこととか
    そういうメッセージにとても共感しました。

    普段は紳士的な紀州さんの変貌ぶりと
    それにこたえて小悪魔ぶりを発揮する値賀ちゃんの
    甘々イチャイチャをもっと読んでみたいので続編をお願いします。

  • ★3.8

全10件中 1 - 10件を表示

安西リカの作品

ツイートする